オイルパステルでお絵描き

絵を描くのか好きです。

 

最近はやる事が沢山あって必要に迫られた時にしかスイッチが入らないけどね〜。笑

 

毎年寒くなるのに合わせたように店は暇になってくる。

 

なのでお願いされていたオイルパステルのチョークアート看板?サインボード?表札?なるものを作ってました。

 

これも全く独学と言うか見よう見まね?

 

指でのばしてグラデーションをつけて行くのが楽しいんだな。

 

 

 

既製品のアート用の黒板は高いので薄いコンパネに黒板用塗料を塗ってサンドペーパーで擦って塗って何度か繰り返し黒板のベースを作りました。

 

そんな手間かけるのなら買ったほうが楽かも知れませんね。

 

自己満ですがそうする事によって作品への思い入れが執着すると言うかハマって行くと言うかまあ早い話が楽しくなるのです。笑


店の仕込みの合間にちょこちょこっ手を加えて・・。

 

 

「La Vie en ROSE」というデコアート教室のアトリエ用なのでバラの花を取り入れました。

 

花って難しい・・。

 

ちょっとした感じでバラが違う花になって行く・・牡丹になって来る・・笑。

 

 

集中してやればそんなに時間はかからないと思うが手が空いたときに少しずつも悪くない。

 

時間が経って冷静に客観的に見ると気づく事がある。

 

そして先日ついに完成!!

 

 

ちなみに額縁は某ホームセンターで買ってきた油絵用のやつ。

 

オイルステインで擦ってからニスで仕上げました。

 

 

さて気に入ってくれるだろうか・・??

自家製レモンチェッロのススメ

毎年この季節になると出回る国産のレモン。

 

お店ではこのレモンで自家製のレモンチェツロを作っています。

 

作り方は簡単!

 

材料 国産レモン(アメリカ産や外国のものはワックスや防腐剤なんかが添加されているのでオススメしません。)2キロ

 

   スピリタスウォッカ(世界最強のアルコール度数98%の精製スピリッツ)1リットル 

 

   よく切れるピーラー

 

   水 1リットル

 

   グラニュー糖 500グラム

 

   保存用の瓶(2〜5リットル用)1瓶

 

   小分けして冷蔵保存が出来る小瓶 数本

 

1、レモンを良く洗い全部のレモンの皮の部分だけを綺麗に剥く。この時出来るだけ薄く黄色い皮の部分だけを剥く様に気をつけます。その下の白いワタ部分が入ると苦くなってしまいます。この作業で味が決定的に変わってしまうので出来るだけ慎重に作業をしてください。

 

綺麗に剥いたら全部を保存用の瓶に入れてその中にスピリタスウォッカを全部注ぎます。

 

 

注いだら密封して冷暗所に置いて2週間漬け込みます。

 

 

皮を剥いたレモンはレモンチェッロでは使わないので何かに使いましょう。お店では塩レモンに加工したり絞り汁でドレッシングに使ったり・・。

 

2週間後。

 

ザルなどで皮だけを取り除きます。

 

 

シロップを作ります。

 

1リットルの水を沸かしてグラニュー糖を溶かします。沸騰させないように注意してください。

氷水で冷やしたシロップを皮を取り除いたスピリタスに注ぎます。

 

すると黄透明だった原液がこんなに綺麗な色に変化します。↓

 

 

ここまで来れば完成したも同じ。

 

これを再び冷暗所に置いて2週間熟成させましょう。

 

あとは冷蔵庫に入るくらいの小瓶に移し変えて保存します。

 

最高の飲み方は冷凍庫でキンキンに冷やし(冷蔵ではダメです。冷凍庫でトロッとなるくらいキンキンに冷やしましょう。アルコール度数が高いので凍りません。)キンキンに冷やしたグラスでグイッ!とやるだけ。

本当はグラッパ専用のグラスで飲むのが更に最高でしょうが・・とにかく冷凍庫でキンキンに冷やしてグイッ!最高です!

 

 

 

 

同様にオレンジチェッロも作れるので次回美味く出来たら報告します。

 

今年の1番絞り「自家製レモンチェッロ」解禁です!

南米音楽ライヴ演奏&PIZZAの夜

 

来る10月26日(金)の夜は仙台を中心に世界で活躍する南米音楽フォルクローレを奏でるミュージシャン「ロスミドラス」

がお店に来てくれる事になりました!!!

 

2部構成で6時〜19時半位の間2ステージを演奏してくれます!

 

その日はスペシャルピッツァ3種、税込み1000円にてご用意致します!

 

御飲み物も全て税込で500円!

 

その他のPIZZAも全て税込みにてサービスさせて頂きます!

 

ただし明朗会計及びスタッフ不足のためキャッシュオンデリバリー(商品と引き換えにお席にてお会計)にご協力お願い致します。

 

南米音楽を楽しみながら薪窯焼きの素朴なPIZZAをどうぞ〜!!

 

 

どうぞ皆様26日(金)の夜はWOODENSHIPにご乗船をお待ちしております!!

 

 

 

 

 

サーフィン

JUGEMテーマ:サーフィン・ボディボード

 

去年の今頃からずっと行けなかったサーフィン。

 

自営業で3人の子供を育てこの痩せっぽちの背中に家庭を背負い込むと正直何事も一筋縄では行かない時がある。

 

でも今年の9月からホント1年ぶりでチョロチョロ海に行けるようになった。

 

先月、真冬用のウェットスーツも新しくオーダーした。

 

前も書いたけど出会いは高校3年生。

 

友達の付き合いで見よう見まねで始めたサーフィン。

 

何年もやってない時もあったけど。

 

狙った波をテイクオフした瞬間。

 

板が波の斜面を滑り落ちる瞬間。

 

そして自分を奮い立たせ何度も自分に問いかけ決断して沖にパドルアウトして行く時の緊張感と胸の高まり。

 

もう52歳になっちゃったけど、いつの日か今はビビッて入れない台風の大波に挑んでみたい。

 

凄いですよね〜↓ これ仙台新港ですよ。世界に通じる超有名なビーチブレイクサーフポイントです。

 

 

こんな大波もう年だし絶対に無理だけど。

 

 

いつの日かのそのためにと妄想しながら・・ずっとずっと犬と一緒に毎朝〇キロ走っている。あはは。

 

 

20代の頃・・生きるか死ぬかの緊張感で今を生きていた海外放浪。

 

 

当たり前の様にぬるい便利な生活に浸っているとその時に刻まれた感覚が何時も俺を奮い立たせる。

 

 

なんか最近この人の話がよ〜く分かる。

 

 

人並み? 金儲け 安定 成功 だけじゃなくてただ自分を磨く・・っていうか・・。

 

 

 

人並み 安定 金儲け 成功・・・本当は全く興味ない。

 

 

STAY DREAM

う〜ん・・。

 

以前も書いたけど、最近「長渕剛」にハマッてる。

 

あっ、最近のやつじゃないよ。 1985〜6年頃の作品。

 

これまでの人生でほとんど聴いてなかったし、ましてCDなんて買ったこと無かった俺だが何枚か買ってみて今一番ハマッてるのが「STAY DREAM」ってアルバム。

 

最近毎晩・・・全てが終わった真夜中に灯りを消して真っ暗な薪割小屋で一人・・この作品に浸っている。

 

 

ギターとハーモニカ、ピアノとか最小限の楽器と彼の歌だけで構成されている。

 

特に派手な曲なんて入ってない。

 

1曲目「レース」からほとんど弾き語りの一発録り?か? 生々しく軋むギターと乾ききった彼の歌声に引き込まれていく。

2曲目の途中から入ってくるスライドギターのアンプの歪み。

3曲目の風来坊のシャウトの後の張り詰めた弦の切れる音。

5曲目「HELLO 悲しみよ!」俺は勝手に一発録りだと妄想している。後半にギターのフレットを押さえる音が揺れる。普通なら録り直すはずだが狙ったのか?これが生々しさを余計に刻んでいる。

7曲目は吉田拓郎の事を歌ったらしいが本当かは分からない。

10曲目の「SUPER STAR」高校生の時見た「親子ゲーム」ってTVドラマで知ってた。好きな曲だった。

 

そしてラストの「STAY DREAM」

 

本当の本当に想像を絶するほどもがきと苦しみと絶望の中で搾り出した曲なんだと思う。

 

売れて成功の兆しが見えると色んな奴らが群がってくるんだろうな・・。

 

調子いい時のペラペラ野郎。誘惑の電話。

 

人を信じたら足の裏で蹴っ飛ばされた。

 

ホント・・あの矢沢永吉でさえ詐欺で騙されたからなぁ・・。世の中には上には上を行く悪党どもがひしめいてるんだろうなぁ。

 

心から信用してたやつに裏切られたらもう絶望のどん底だよな・・。

 

 

とにかく歌詞も曲も凄い。

 

 

当時30歳かそこらでこんな歌詞を曲を作っていることが凄い。

 

 

派手なアルバムではないが間違いなく「長渕剛」名作だと思う。

 

 

そしてこのアルバムこそ風貌も肉体も変わってしまったが60歳を過ぎても更に進化して売れ続けている今の長渕剛に繋がる分岐点になった作品だと確信している。

 

なんて熱く書いてしまったが・・。

 

とにかくこのアルバム「STAY DREAM」は今の俺には最高なのである。

 

 

 

最新PIZZA情報!塩豚のピッツァ・リモーネ・サラダのせ

昨年の秋限定でお出ししていたレモンと塩漬け豚のピッツァ「リモーネ」を更に進化させました。

 

以前はわざわざ塩漬けにしたレモンペーストを使っていました。

 

やや脂身が多い塩豚は薪窯で焼かれると香ばしいんだけど脂身が溶け出してくる。

それはそれで美味いんだけど食べ進んで行くと後半にかけて段々とそれが重く感じられたので今回はフレッシュなレモンスライス(国産)を使いより酸味のサッパリ感を出し更に甘みの強いミニトマトを散らして焼き上げます。

 

 

この薪窯で焼かれたミニトマトの甘さも重要ポイント!

 

そして更に焼き上げたピッツァの上にフレッシュな旬の野菜サラダを乗せます。

 

 

自画自賛で大変恐縮ですが試食の時はアッ!と言う間に完食!美味い!ラーメンで言ったらまぜそばみたいな感覚か?笑

 

 

ぜひぜひお試しください!!

 

 

塩豚のピッツァ・リモーネ・サラダ乗せ(秋冬限定 1600円+税)

 

 

今のところ夜限定ですがご要望によりお昼もお出しできるかも知れません。^^/