その後のご報告です。

お陰様で一時はどうなることやらと思っていたお店の再開ですが子供達が頑張ってくれて夏休み中という事もあり8日(木)から営業再開する事が出来ました。(夜は早めのクローズあり。)

 

御迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。

 

しかしながら家内の怪我は脱臼骨折というでかなりの大怪我なので入院は3週間〜1ヶ月、その後のリハビリで普段の生活に戻るまでは〇ヶ月はかかるでしょう。

 

夏休みが開ければ長女もまた上京する予定なので小5の次男坊の送り迎え等(里山の為車の送迎要)の為また営業時間等の変更があるかも知れませんがその時は早めにご報告させて頂きます。

 

私事で大変恐縮ですがどうかご了承を宜しくお願い致します。

 

そんな事とは関係なく毎日猛烈に暑い日が続いているこの夏です。

 

先日お伝えしたハバネロの病気は全部で6株で残り6株は原産地に近いこの暑さでとても逞しく実をつけ始めました。

 

 

あとは茄子君がとても安定して収穫出来ています。今お店でお出ししている茄子君は全て自家畑産です。

 

 

葱も初めてですが今の所少しずつ土寄せしているので土中はどうなってるのかは分かりませんが順調そうに見えますが・・??

 

オクラもモロヘイヤも元気ですがやっぱり一番猛猛と嬉しそうなのはゴーヤ君でしょうか?

 

 

ゴーヤ君は子づる、孫づるに雌花をつけるらしいですが鬱蒼と茂ってくるともはや何が孫づるか?なんて分からなくなって適当に伸びてきたやつを摘心していますが今の所2本苗を植えて4個の結実が確認出来ています。

 

毎早朝畑に行って雌花を見つけると嬉しくなってしまいます。

 

働き者のクマバチ君たちは僕より朝早くからブンブンブンとゴーヤの花の蜜を集めて飛び回っています。

 

彼らのお陰でゴーヤ君も茄子君も受粉し結実してくれるんですね〜^^。

 

取り急ぎ最新情報でした。

8日(木)より営業再開致します!

御迷惑をお掛け致しましたが、8日(木)より何とか通常営業を再開出来そうです。

 

長女が帰省してくれたお陰で長男、次男の食事や家事を手伝ってくれています。

 

ただ、次男が小5でまだ一人では寝られないので夜の部は当分早めのクローズになりそうです。

 

家内は足首を脱臼して骨折したのでかなりの重傷でまだまだ入院が長引きそうです。

 

ご心配をお掛け致しましたが家族で助け合い励ましあいながら乗り切っていこうと思います。

 

今後もどうか「独学我流のピザ屋・木の船・WOODENSHIP」をどうぞ宜しくお願い致します。

8日(木)より営業再開致します!

御迷惑をお掛け致しましたが、8日(木)より何とか通常営業を再開出来そうです。

 

長女が帰省してくれたお陰で長男、次男の食事や家事を手伝ってくれています。

 

ただ、次男が小5でまだ一人では寝られないので夜の部は当分早めのクローズになりそうです。

 

家内は足首を脱臼して骨折したのでかなりの重傷でまだまだ入院が長引きそうです。

 

ご心配をお掛け致しましたが家族で助け合い励ましあいながら乗り切っていこうと思います。

 

今後もどうか「独学我流のピザ屋・木の船・WOODENSHIP」をどうぞ宜しくお願い致します。

緊急です。臨時休業のお知らせです。

お客様各位

 

私事で大変恐縮ですが家内が怪我の為緊急入院する事なりました。

 

8月5日(月)はお休みさせて頂きます。

 

8月8日(木)より昼営業のみ再開を予定しております。

 

8月8日(木)の営業時間は午前11時〜14時30分ラストオーダーで15時閉店とさせて頂きます。

 

思った以上に怪我の状態が酷く手術の進行とその後の状態次第でまた営業形態を変更させて頂くかも知れません。

 

8月9日(金)以降は夜の部も営業させて頂きたいと思っていますが今の所はまだ確定出来ない状況です。

 

状況が変わり次第早急にご報告させて頂きます。

 

ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

 

ご理解ご了承の程どうぞ宜しくお願い致します。

ハバネロが病気になった。

う〜む・・・。

 

畑のハバネロ唐辛子の苗木が6本病気になったようです。

 

ず〜と曇りや雨だったからなのか?連作障害でなったのか?

 

病気になった苗↓

 

 

元気な苗↓

 

 

引用↓

半身萎凋病 はんしんいちょうびょう 

土壌伝染病害の一種で導管病。
初期は下部の葉の半分を黄色化させ、病状が進むと枯死する。
罹病した枝葉に作られる菌核が翌年以降の感染源となるので、畑の外に持ち出し処分する

引用終わり

 

12株の内半分がだめになってしまい残った6本の内2本も初期症状が出ている。

 

隣の畝のナス2本は元気だが同じ畝の激辛南蛮(同じナス科)は3本が少し怪しい。

 

連作障害なのか?

 

もしかしたら全滅するかもしれない。

 

しかし・・・もはや為す術はない。

 

ただ祈るだけだ。

 

もし全滅したら今年のお店用名物ホットソースは作れないかもしれない。

 

同じ畑で循環させながらだけど15年近く毎年作ってたから来年は何かの土壌消毒して数年はナス科を育てるのは止めようと思います。

 

 

 

来年はイノシシ君に荒され放題の隣の荒地を1から耕すべがな?

 

 

根切り虫

う〜む・・・葱苗の根切り虫の害が酷い。

 

ネキリムシ。

 

日中は土中に潜伏して夜〜明け方にかけて地表に現れ食害する・・らしい。

 

何故か初挑戦中の葱の幼苗の被害が凄い。

 

根切り虫って葱好きなのかな??

 

毎朝こんな感じで何本か食べられている。

 

 

そして根元を掘ってみるとこんな変な色の気色悪い芋虫がコロンっと出てくる。↓

 

 

気色悪いなんて虫には失礼だがせっかく育ってきた苗が切り倒されるのは正直とても残念である。

 

つい最近まで根切り虫は一生芋虫なんだと思っていた。

 

あんまり被害が酷いから調べて見たら「ヤブラヤガ」って蛾の幼虫なんだって初めて知りました。

 

蛾になった根切り虫↓

 

 

そういえば薪棚に陳列してある薪の隙間でこの蛾をよく見かけたな。

 

ついでにサナギも↓

 

 

畑を耕していた時によく土中から出てきたなぁ。

 

何のサナギだろうと思ってたけどそれっきりで忘れてた。

 

 

以下引用↓

 

ネキリムシ類

1 学名
カブラヤガ:Agrotis segetum ([Denis et Schiffermuller]) 
タマナヤガ:Agrotis ipsilon (Hufnagel)

2 被害の様子
 ネキリムシ類として、発生が多いものにカブラヤガとタマナヤガがある。加害のしかたはどちらも同じである。若齢幼虫は主に茎葉を食害し、老齢幼虫は株の根元をかみ切る。幼虫は散らばって分布し、若齢時は摂食量が少ないため、実害はほとんどないが、中〜老齢幼虫になると、生長点を食害したり株の根元をかみ切ったりするため、大きな被害となる。株の根元からの切断は、ネキリムシ特有の加害で、株はそこから折れて枯死する。苗や定植間もない株では1頭の幼虫が一夜のうちに数株を加害し、加害された株は決定的な被害となるので発生量の割には被害は大きい。

カブラヤガ幼虫

3 生態
  中齢〜老齢幼虫で越冬し、成虫は年間に2〜4回発生する。土壌中で越冬した中齢〜老齢幼虫が4〜5月に蛹化し、第1回成虫となる。その後秋まで数世代経過する。11月末頃まで発生が続き、常に各齢期の幼虫が見られる。越冬は中齢〜老齢幼虫であるが、暖地では冬でも摂食活動をし、発育を続ける。西日本ではカブラヤガが、北日本ではタマナヤガがそれぞれ優占種となっている。卵は雑草や作物の地際部に主に1〜2個分散して産み付けられる。総産卵数は多く、1雌あたり約1000個である。適温下(25℃)では4〜5日でふ化し、約30日の幼虫期間を経て、土の中で蛹化する蛹期間は2〜3週間。若齢時は雑草や作物の下葉の裏などに潜んで食害するが、中齢以降は昼間土の中に潜り、夜間に這い出してきて株の根元を切断する。大きくなると摂食量も多くなり、一夜のうちに1頭が数株を切断する。

4 発生しやすい条件
・作付するほ場またはその周辺で、ギシギシなどの雑草が繁茂しているところでは発生が多い。

5 防除対策
・年間発生回数が多いので、こまめに薬剤散布を行う。

 

引用終わり。

 

 

苗を食害されたときは残念で「一生芋虫なんて気色悪くて憎たらしい虫だ」なんて思って潰したことあったけど。

 

調べてみるって面白い。 

 

蛾になるために土中で孤独にサバイバルしてるんだなと思ったらちょっとだけ親近感が湧いてきた。

 

風貌はやっぱり気色悪くて嫌いだけどね。笑

 

雑食性らしいので捕獲したら潰すのを止めて遠くの草むらに飛ばしてやることにしました。

 

どうか畑以外の土地で生き抜いて成虫に成ってくれ!笑

 

ってこれ書いてる深夜には素直な優しい気持ちで居られるんだけど朝一番で畑の葱がまたなぎ倒されていると「あ〜あ・・」なんてちょっだけ心の中で不機嫌になるかもしれない。

 

「〜ホメラレモセズ、クニモサレズ、イツモシズカニワラッテイル。」

 

難しいよなぁ。

 

ガンバロ。