除夜の鐘自粛に思う。

東京や静岡の一部で除夜の鐘を自粛するお寺が増えています。

 

 

以下引用↓

大晦日の風物詩『除夜の鐘』。この音を聞かないと新年を迎えた気がしない、という人も多いかもしれない。しかし今、『除夜の鐘』を自粛する寺が出てきているという。

 東京・小金井市 にある、100年 以上の歴史を持つ『千手院』 。住宅街に囲まれており、近隣からの苦情で『除夜の鐘』の中止を決めた。

 7代目住職の足利正尊 氏さんは「家族で鐘つきをするのを楽しみにしていた方もおり、私の代で止めてしまうのは悲しい思いではあるが、致し方ないところです」と話す。

 静岡県牧之原市にある、450年以上の歴史を持つ大澤寺 も『除夜の鐘』をやめた。

 15代目住職の今井一光 さんは「夜中に鐘が鳴るということに非常に腹を立てた近隣の方からのクレームがありまして、それでやめました」と説明。

 しかし復活を望む声も強く、今井さんは昼に鐘をつく『除夕の鐘』(じょせきのかね)を始めた。

「去年は120〜130人 くらいが列になって並んでくれた。そういうような形でみなさんに認められつつあるところです」と教えてくれた。

■ネット上でも賛否両論
 『除夜の鐘』自粛について、Twitter上では

 「季節の風物詩を理解できないって、日本人の感性ではないね」
 「日本はどんどん残念な国になるな」
 「うるさいって言われて引き下がるお寺も微妙。そのクレームの人に除夜の鐘の意味をとうとうと説いてやればいいじゃない」

など、残すべきだという意見が多い一方、

「禁止になればいい。深夜0時に、でっかい鐘の音を聞かされる近隣住民に同情する」

と、中止に理解を示す意見も。

 仏教経済ジャーナリストの井上暉堂 さんは、『除夜の鐘』を自粛したお寺について「1000人に一人でも鐘の音をうるさいと感じる人がいれば”仏教の教え”として対応してしまう、ということが原因のひとつかもしれない」話す。

 東京・中野にある“坊主バー”のマスターである釈源光 さんは「除夜の鐘は、一年の終わりに煩悩を洗い直して新年から心を入れ替える、という一つの区切りであり、昔から日本人はそうやって鐘の音を聞いてきた。苦情が出て、やめてしまうのは寂しい思いがある。やはり世の中の流れに合ったやり方で、工夫して何とか続けていってほしい」と、一定の理解を求める。

■変わる伝統行事、『除夜の鐘』以外にも
 変わりつつある伝統行事は、『除夜の鐘』だけではない。

 正月の風物詩『餅つき』も、集団食中毒の危険があるとしてイベントを禁じる地域が続出。愛知県 では「『盆踊り』の音がうるさい」という苦情が出たため、ラジオの電波に音を乗せ、イヤホンで聴きながら踊る、という何ともシュールな光景が見られたことも。


 これ以外にも『豆まき』は危険という理由で中止、鬼が家々を回る『なまはげ』は、「子どもが怖がる」という苦情で鬼がとても優しくなってしまったという。

 一部の過剰とも思える反応の影響で、伝統行事が変化を迫られる昨今。今は当たり前だと思っていたものが将来、貴重になってくるのかもしれない。

引用終わり。

 

 

何とも寂しく悲しい思いです。

 

鎌倉時代から続いてきた日本の伝統的な文化を一部のクレームの対処により自粛してしまうのは如何なものか・・?

お寺の立場も分かります。しかしここはそういう時こそ寺の住職に是非延々とその方に説教をして頂きたいと思います。

 

クレームをつけて来た方は本当に日本人なのだろうか?

 

 

そして何故クリスマスイベントやハロウィンイベントなどには自粛する動きは無いのだろうか?

 

 

誤解を恐れず言いますが山が削られ当たり前の様に建っているCOSTCOにありがたがっている場合じゃないと思います。

 

 

この国は内部からも侵略されていると思っています。

 

 

 

以下 「ひかたま」様のブログから引用↓http://shindenforest.com/

水土保全林という区域が北海道にはたくさんあります。 

水土保全林は、 
緑のダムとも呼ばれる水源豊かな、山地災害防止機能を重視する森林のことです。 

北海道では、 
その重要な水土保全林の900ヶ所以上で 
現在 
所有者が不明となっています。 

すでにその一部は
所有者をたどると
海外資本が買収していることが
明らかになっています。
 

不動産屋さんの良心に頼るしかないのが現状です。 


北海道でも 
最近になってようやく警戒感が出始めました。 




北海道では、
ようやく
北海道の不動産を中国などの外国資本が買収している問題に対して
日本政府に法規制を求める方針を決めました。
 



今回の動きにいち早く反応したのは 
中国です。 

中国メディアは、 
「日本人は自国の土地が、海外資本に買収されていることに警戒感を示しはじめている。
近い将来に
日本は外国人の不動産所有を制限し、
所有権ではなく借地権しか買えなくなる可能性もある。
 
購入するなら今のうちかもしれない。」 
と報道しています。 



現在
日本全国には
土地の地主からの売却依頼が増えています。
 

でも 
日本人には高値で売れないから 

外国人にでも売りたいという土地が 
7560 km2  

なんと

 

東京都の面積の3.5倍、


日本の国土の2%もあります。 


日本の国土を守るための法整備が無い現在では
静かな国土流出は
続いています。
 


日本の豊かな自然が 
お金儲け目的で開発されることなく 
守られますように。 

引用終わり。

 

この国には遠い昔から大切に受け継がれてきた繊細な独特な文化があったはずです。

 

奥深い四季の変化があり日本人独特の自然に学ぶ尊い精神。和。侘び寂び。

 

日本人にしか理解できない美意識があったはずです。

 

それを「グローバル化」などと軽く考えていてはとても危険なことだと思います。