モッテ・コイ!の練習

JUGEMテーマ:柴犬

 

 

柴犬イチ♂3歳2ヶ月

 

雪の日も嵐の日も毎朝僕の日課になっている犬の散歩ではなるべく犬と遊ぶことにしています。

 

遊ぶといってもボールを使っての「モッテコイ!」やボールを隠しての「サガセ!」、「マテ」をさせての遠くからの呼び戻し「コイ!」などの訓練的な遊びやかくれんぼで驚かせて本当に遊ぶ等。

 

家の中では100%指示に従います。

しかし外で遊んでいる時、匂いや何かに興味を持っている時は反応が鈍く数回指示を出してやっと従うという状態になってしまいます。

 

そんな時はついイライラして怒っては絶対にダメなので気長に待って、ノロノロと渋々とでも言うことを聞いた時には大袈裟に「ヨシヨシ〜!凄いな〜!いい子だね〜!イチ!よ〜し!よし!」等と笑顔で褒めてあげる様にしています。

 

 

まだまだ初心者の愛犬家3年生ですが「犬は褒めて煽ててしつけをする。」を実感して実践しています。

 

指示に従わない時や上手く出来ない時や悪さをした時には叱る代わりに「犬を無視する」。

 

怒ったり大声で怒鳴ったり、お仕置きで小突いたり、特に殴ったり、痛みを負わせるのは絶対にやってはいけない事だと思っています。

 

エラソーなことを書いておこがましいです・・・・実は昨日も夕方のオフリードで散歩の時、200メートル位前方に突然田んぼのあぜ道に現れたイノシシに瞬時に反応し狩猟犬モードに切り替わり猛ダッシュで追いかけて行った我が愛犬にいくら「マテ!イチ!マテー!」と叫んでも聞く耳はなくそれどころか速度を上げて猛烈な勢いでイノシシを追いかけて行ってしまいました・・・汗。

イノシシはビックリして素早く方向転換し、山に繋がる藪に逃げ込み幸いイチはそれ以上は追跡を諦めたようでトボトボとこちらに向かって歩って来たのが見えたのでホッと胸を撫で下ろしました。

 

さすがに焦りました。

 

怒鳴っては叫んではいけないとは思っていましたが、その時は大声で「イチ!コイ!」大声で怒鳴っていましたし「マテー!」と絶叫していました。笑 

あっ!でも犬が自分からちゃんと僕の所へ戻ってきた時には笑顔で「ヨシヨシ!」と褒めてあげましたよー!

 

何でもそうで、お店での立ち回りの事でも言えることですが、いつもどんな時にも動じない平常心で居られるよう心持ち(精神)を保つことが大切なんだなぁ・・と実感しています。

 

保つこと、保つこと・・・3歩歩くと忘れてしまう・・。