ノカンゾウ(野萱草)再び・・。

 

今年もやっぱり同じ場所に同じ時期に生えて来ました。↓

 

 

ノカンゾウ(野萱草)。以下引用↓

 

■特徴・分布・生育環境 
「萓草(かんぞう)」の名はありますが、ユリ科の草本です。漢方薬として有名な「カンゾウ」は「甘草」で、マメ科の草本で全く別種です。 

長さ50〜70cm、幅1.5cmほどの細長い剣状の葉を、地際から叢生させます。 
夏に高さ60cm前後の花茎を立て、橙赤色の花を数個つけます。花被片は、長さ7cmほどで6枚です。ただし、花色には変異が多く、赤色の強いものもあります。 
ほとんど結実しません。 

仲間(同属)のヤブカンゾウでは花が八重咲で、葉が幅広で花もやや大型です。 
中国に分布するシナカンゾウ(別名:ホンカンゾウ)(学名:Hemerocallis fulva var. fulva)を基本種とする変種であるとされています。 

本州以西から中国に分布します、    
多摩丘陵では、日当たりのよい草原や田畑の縁の草地などに時々見かけます。 

■名前の由来 
「カンゾウ」の名は、漢名の「萱草」を日本語読みしたものです。「野」は野原に生育するといった意味です。 

「萱(かや)」は、屋根を葺(ふ)くのに使われる「カヤ」などの総称で、細長い葉をもつ植物にも使われる名前です。 

属名や和名のワスレグサは、花の蕾(つぼみ)を調理して食べると、心配事をすべて忘れる程美味しいことからきているという説と、その美しい花を見ると憂さを忘れることからきているという説があります。 

■文化的背景・利用 
万葉集に、萱草(わすれぐさ)として4首ほどに詠われています。 
古今集にも5首ほどで「忘れくさ」として詠われています。たとえば、 
 「かた時も 見てなぐさまむ 昔より 憂へ忘るる 草というなり」 
があります。 
「ちょっと見ただけで、慰められるけれど、昔から 憂いを忘れる草と言われているね」 
といった意味です。 

平安時代の「倭名類聚抄」に「萱草」として「和須礼久佐(わすれくさ)」の名が現れています。 
江戸時代の「本草綱目啓蒙」にも「萱草」や「ワスレグサ」の名が現れています。 

■食・毒・薬 
花の蕾を熱湯で湯がいて天日干ししたものが生薬「金針菜(きんしんさい)」で利尿などに効能があるとされます。 

花や若葉は食用にできます。特に、春に、葉を根元から採取して基部の長さ2〜3cmほどの白い部分を、生のまま酢味噌をつけて食べるととても美味しいものです。 

■似たものとの区別・見分け方 
〇仲間(同属)のヤブカンゾウでは、花が八重咲きなので容易に区別できます。 
葉だけの時期には、ノカンゾウでは、葉の幅が1.5cmほどと細いのに対して、ヤブカンゾウでは3cmほどと幅が広いことで区別します。ただ、変異もあるので、葉の幅だけでの区別は慣れないと結構困難です。 

シナカンゾウ(ホンカンゾウ)とノカンゾウはとてもよく似ていて、見た目での区別は困難です。シナカンゾウでは、ノカンゾウよりも花の基部の花筒が短いことで区別します。ノカンゾウの花筒は4cm近くあり、とても長いのが特徴です。

引用終わり。

 

見つけると嬉しくなってつい採取してしまいます。笑

 

今の時期が一番美味しいのでサッと湯がいてランチや旬の野菜サラダの付け合せに使わせて頂いております。

 

 

ほのかな甘みと微かなヌメリ、シャキシャキ感が自家製梅干のドレッシングに良く合うと思います。

 

あと一週間〜10日位でしょうか?

 

マイナーな山菜(野草)ですがクセも無くとても美味しくて僕は好きです。

 

気になる方はどうぞ近日中に「木の船」にご乗船くださいね〜!!笑

コメント