イノシシ君達の害

6月19日の朝。

 

何気なく何時もの様に畑を見回すと・・ありゃ〜!!??

 

畑が大変な事になっている〜!!

 

 

始めは末っ子のいたずらかと思ったがよく観察してみると畑には蹄の跡が・・。

 

イノシシ君の仕業である。

 

それにしてもジャガイモを掘っくり反して食害するのは分かるが枝豆の苗を引き抜いて穂先をかじった跡があるのだが・・?

 

分からない。

 

 

こんなものでもかじるほど腹が減っているのか?

 

悪い嫌がらせの様に全部(18本)の枝豆の苗を引き抜いて行った。

 

う〜む・・困った。

 

もう植え直しても再生は不可能であろう。

 

それにしても家庭菜園でもこんなにショックなのだからそれで生計を立てている農家の方々の被害だったら相当深刻である。

 

目の前の田んぼの農道沿いにイノシシ君用の箱罠が仕掛けてある。

 

先々週は大きな雄が一頭掛かっていた。

 

先週は母イノシシと子供3匹、計4頭が一度に罠に掛かっていた。

 

 

雨に打たれ泥だらけになりながら子供をかばい犬を連れた俺を威嚇するように見つめていた。

 

 

イノシシ君たちも命がけで生きている。

 

一説によると熊さんを始めカモシカや鹿などの野生動物は減少どころか逆に増えているらしい。

 

そして考える。

 

そしていつもこの事にたどり着く。

 

何故に狼を絶滅させてしまったのか?を。

 

これを話し出すと長くなるのでこの辺で止めておきます。

 

 

あっ!お店用のハバネロ唐辛子は全部無事だったことは救いでした〜!

 

 

 

コメント