つぼみ菜とサルシッチャの塩ピザ

2005年に自分のピザの味を確かめたくてナポリをブラブラしてた時某ピッツェリアで食べた「フリアリエッリとサルシッチャ」のピッツァ・ビアンカ(塩味系ピザ)が物凄く美味しくて感動したのを冬になると思い出します。

 

フリアリエッリはアブラナ科のかき菜や菜の花に似た少し苦味のあるカブ?の葉の部分。

 

 

本場物は冷凍品か缶詰しか市販されていないし日本の生鮮物もわずかに出回っているがちょっと値段が高すぎます。

 

なのでせっかくだから地物野菜で挑戦してみようかと。

 

露地栽培のつぼみ菜ちゃんをクタクタになるまで炒め煮にしてフィオール・デ・ラッテとゴルゴンゾーラチーズを、サルシッチャ(生ソーセージ)と合わせて塩味系ピザを焼いてみました。

 

 

縁の膨らみも理想に近くつぼみ菜の香りと微かな苦味とサルシッチャの肉汁とゴルゴンゾーラのコクと塩気が効いていて美味しい。

 

試作第1号だがかなりの満足感。

 

シンプルに仕上げるに尽きる。

 

近日中に「この冬の新作ピザ」のメニューに載せられそうです!

コメント