大麻と日本とGHQ

大麻。

 

この植物が本当に「麻薬」で「危険」なのでしょうか?

 

縄文時代から1万年以上我が国のご先祖様たちはこの植物を稲作と同じくらい大切にして一緒に歩んできました。

 

傀儡メディアの洗脳マシン(テレビ)は「大麻=麻薬」と過剰に洗脳工作しお茶の間にお届けしていますが、もともと大麻=麻=注連縄=神社=神道と日本人と大麻は大昔から密接に繋がってきました。(日本神話の古事記の中に天照大御神が天の岩戸にお入りになられた際にもう二度と引き戻れない様に麻の注連縄を張り巡らせた話があります。)

 

それなのに何故?この神聖な植物を麻薬=危険=不浄なもの と日本人は洗脳されそう認識する様になったのでしょうか?

 

実は日本人と大麻文化を切り離したのはアメリカです。

 

大東亜戦争後のGHQ支配で大麻は日本文化から切り離されてしまったのです。

 

GHQの洗脳の傷跡は相当に根深く深刻です。

 

教育も正にそうです。

 

日本の神話も義務教育では習いませんでした。

 

「大東亜戦争戦争」も「第2次世界大戦」と表示させ侵略戦争を犯した日本人は反省し償うべきだと教えられました。

 

この事については書きたいことが沢山あるので後日。

 

さてもうすぐ今年で75年目の終戦記念日です。

 

イギリスの歴史学者アーノルド J トインビーの言葉があります。

 

ー国の歴史を忘れた民族は滅びる

△垢戮討硫礎佑鯤やお金に置き換え 心の価値を見失った民族は滅びる

M想を失った民族は滅びる

 

あと25年で戦後の洗脳から100年です。

 

この歴史ある美しい国日本を、先人たちが命を懸けて守ってきたこの国の歴史を知れば知るほど愛して止まない今日この頃です。

 

私の大好きなアーティスト「姫神」の曲の一つより・・30年経っても心震える名曲です。

 

コメント