ハバネロの収穫が始まりましたが・・・?!

台風10号に備え事前に太い支柱で苗が倒れないように補強しておいたので強風で茎が折れることも無く、畑の野菜達は逞しく成長しています。

 

唐辛子達が赤く色づいて来ました。

 

ハバネロ唐辛子も小さめのピーマン位の大きさに育ち日に日にオレンジ色に色づいて来ています。

 

本日の収穫です。↓

 

唐辛子は全部で3種類を植えたはずですが、前から気になっていた一番大きな苗に生っている実が全部普通のハバネロの実とは異質で、最初は「テントウムシダマシ」(ニジュウヤホシテントウとも呼ばれ天道虫とソックリだが葉や実を食害する害虫)が食害して実がイビツに育ってしまったのかな?なんて思ってましたが、よく見ると全ての実がハバネロとは違い表面はアバタの様にデコボコして形もハバネロの様に丸みが無く実の下の先が尖がっている。↓

 

 

 

何でなのかな?とネットで色々調べて解った事。

 

多分これは「ブート・ジェロキア」と呼ばれる世界一辛い唐辛子だと思います。

 

苗屋さんが何かの間違いでハバネロ苗と混入させてしまい、たまたま僕が購入したハバネロの苗に混ざってしまったのではないか?と勝手に推測しています。

 

 

ブートジェロキア参考画像↓

 

 

 

まだ収穫しただけで試食はしていませんが多分間違いないと思います。

 

 

そして本日収穫の唐辛子4種?!↓

 

左から日本の激辛南蛮、ハラペーニョ、ハバネロ、ブートジェロキア。

 

何かの間違いで混入したジェロキアですが、僕的には思いがけない偶然で超ラッキーで嬉しいです!!

 

ただ、もし本物のジェロキアならお店のハバネロソー同様に「ジェロキアホットソース」を作ってもあまりの辛さで誰もピッツァを食べられなくなるのでは?と少し心配です。

 

はたしてどの位辛いのであろうか・・・???

 

 

コメント