波乗り

ちょこちょこ続けている趣味のサーフィン。

 

 

高校3年の夏に友達の付き合いで始めたのがきっかけで2シーズン(18〜20歳)ハマッて原チャリで海に通ってました。(笑)

 

クレジットでウエットスーツと板(サーフボード)を買って・・。

 

当時10代の僕にとって合わせて10万円以上という金額はは大変な大金で月々の支払いに追われてひたすらバイトと学校と遊びの毎日。

 

けれども22歳の時に急に再びロックギターに目覚め、自然と海にも行かなくなり、サーフボードも売り払い、月日が流れました。

 

40代も後半に差し掛かりこのまま年を取っていく自分を見据えたときフッと思い出し、当時は若さゆえ至らなかった判断力など今だったらもっと上手く波に乗れるかもしれない・・と、これまた急に自分の中で導火線に火が付き再挑戦したくなったサーフィン。

 

板もウエットも全部1から揃え直し震災前の調度6年前の6月にリベンジデビューを果たし、その間震災や家庭の事情などで2シーズンは海に行けない時期がありましたが、今年の6月くらいから再び週1ペースで通える様になり現在に至ってます。

 

今年9月の台風で仙台新港の駐車場が寛大な被害を受け、今現在も進入禁止となっている為、ここの所ずっと七ヶ浜に通ってます。

 

今日の波↓七ヶ浜、サイズ腿。厚めで割れずらくパワーの無い波。ロングボードは乗れてます。(僕はショート)

 

 

文章にすると上手そうにエラソーに感じるけど僕なんて全然ヘタっピー。

 

サイズが上がるとゲット(波に乗るために波の向こう側の沖に出ること)すら出来ずに撃沈して帰ってくることもありますし、水温が低くなるこれからは寒さで足が出ず膝を付いたままテイクオフ!なんてカッコ悪いことしたこともありますよ。

 

それでも波乗りは止められない。

 

沖で波待ちしながら空を見上げ、風を感じ、息が上がるほど懸命にパドリングして、波に巻かれ溺れかけて死にそうになってもう懲り懲りって思いもしたことありますが、やっぱり断然サーフィンは気持ちEー!!!!のです!

 

あの波を捕まえて板がスコォォォーっと滑り出した瞬間!の気持ちよさ!

 

ボトムに降りて波を滑り降りる瞬間!

 

まだまだドへたくそですが地道にこれからも時間が許す限り通い続けます!

 

 

 

大好きな新港のエキスパート達の動画です↓ 凄いな〜!

 

コメント