エレキギター

最近ヤフオクで衝動買いしたピグノーズの限定生産のクリスタルモデル。

 

 

ギターが好きです。

 

アコギもたまに弾くし持ってるけどやっぱりエレキギターが好きです。

 

ブルースロック系のジャムセッションでコード鳴らしてるよりチョーキングとかしながらソロパートを弾いてるのが好き。(笑)

ギターを持つと目立ちたがり屋で人の意見は聞きたくないタイプに顕著に変貌します。

 

ギターとの出会いは今から37〜8年前だろうか?

 

当時中学1年の俺の近所に仲のいい友達がいてそいつの家に遊びに行くとたまにそいつの兄貴(多分高校2〜3年だったと思う)がいて物静かな兄貴だったが、プラモデルを作ったりするのが上手くて背がスラリと高くて長髪で俺はいつもカッイイなぁと思っていて密かに憧れていたのだった。そいつも自慢の兄貴だったらしく兄貴の留守中に兄貴の部屋に勝手に俺を導いて兄貴のプラモやラジコンやステレオやポスターなんかをいつも自慢してくるやつだった。

 

そしてある日そいつの家に遊びに行くと「すげー物見せてやる!」と何時もよりテンション高めに誘ってきたので何だべ?と思って兄貴の部屋で見せられたものが生まれて初めて生で見る「エレキギター」だった。

 

黒のストラトキャスター。多分グレコだったと思う。

 

もう一本もストラトキャスターでこれがクリスタルだった。

 

 

ハードケースの中に横たわるその透明なボディの曲線とその光沢。

 

そのボディを通して中のベルベットの生地が透けて見える塩梅がこの上なく美しくて一瞬で悩殺ノックアウトされてしまった。

 

俺の運命を変える衝撃的な出来事だった。

 

そしてその時生まれて初めて「ハードロック」を聴いた。

 

そいつが「兄貴が最近聞いてるんだ」と言うディープパープルの「SMOKE ON THE WATER」だった。

 

イントロのあのリフ。真空管のマーシャルアンプから弾き出されるストラトキャスターのあの歪んだサウンド。

 

一撃でぶっ飛んだ。

 

今でもたまに聴くことがあるけど「LIVE IN JAPAN」でのこの曲のサウンド、ドライヴ感は最高傑作だと思う。

 

ちょっと話がまとめられなくて脱線気味になってしまったのでこのライヴの「SMOKE ON THE WATER」を貼り付けさせて頂いてこの続きはまた後日お話させてください。

 

コメント