ハラペーニョ!!

今年初めて挑戦したハラペーニョ。

 

今朝収穫しました!↓(ハバネロも混ざってます。)

 

 

 

ピザ屋ですが前記した通りイタリア訪問よりも他国の放浪の方が遥かに長くメキシコも2ヶ月ほどブラブラしてたのでたまにメキシコ料理が無性に食べたくなります。

 

今までは市販の酢漬けハラペーニョでサルサソース作ってましたが市販のものは色々と余計なものが入っているので今年は自分で育てて見ようと思い、試しにハバネロの隣に1本だけ苗を植えて見ました。

 

以下引用

ハラペーニョ西:chile Jalapeño)とはトウガラシ(C. annuum)の品種の一つ。メキシコを代表する青唐辛子である。辛さは中程度(2500-8000スコヴィル)。名称はその発祥の地といわれているベラクルス州ハラパ(Xalapa)に由来する。「ハラペノ」や「ヤラピノ」等と呼ばれた事もある。

漬けなどにして市販されているが、生で食べることもできる。メキシコ料理テクス・メクス料理で良く用いられる食材であり、多くのメキシコ料理店ではハラペーニョをタマネギニンジンと一緒にピクルスにした「ハラペーニョ・エン・エスカベーチェ」(Jalapeño en escabeche)を注文することができる。

アメリカ合衆国でもよく普及しておりサルサに加える他、チェダーチーズなどのチーズを詰めたハラペーニョに衣をつけて揚げたハラペーニョ・ポッパー(Jalapeño Popper)などはのつまみとして人気がある。ホットドッグなどにつけることも多い。また、菓子や清涼飲料水のフレーバーとしても人気がある。

引用終わり

 

今日は日曜日ですがお客様が少なく時間が有ったので早速ピクルスにしてみました。↓

 

 

数日後どんな塩梅になったか報告させて頂きますね。

 

 

 

ハバネロの収穫が始まりましたが・・・?!

台風10号に備え事前に太い支柱で苗が倒れないように補強しておいたので強風で茎が折れることも無く、畑の野菜達は逞しく成長しています。

 

唐辛子達が赤く色づいて来ました。

 

ハバネロ唐辛子も小さめのピーマン位の大きさに育ち日に日にオレンジ色に色づいて来ています。

 

本日の収穫です。↓

 

唐辛子は全部で3種類を植えたはずですが、前から気になっていた一番大きな苗に生っている実が全部普通のハバネロの実とは異質で、最初は「テントウムシダマシ」(ニジュウヤホシテントウとも呼ばれ天道虫とソックリだが葉や実を食害する害虫)が食害して実がイビツに育ってしまったのかな?なんて思ってましたが、よく見ると全ての実がハバネロとは違い表面はアバタの様にデコボコして形もハバネロの様に丸みが無く実の下の先が尖がっている。↓

 

 

 

何でなのかな?とネットで色々調べて解った事。

 

多分これは「ブート・ジェロキア」と呼ばれる世界一辛い唐辛子だと思います。

 

苗屋さんが何かの間違いでハバネロ苗と混入させてしまい、たまたま僕が購入したハバネロの苗に混ざってしまったのではないか?と勝手に推測しています。

 

 

ブートジェロキア参考画像↓

 

 

 

まだ収穫しただけで試食はしていませんが多分間違いないと思います。

 

 

そして本日収穫の唐辛子4種?!↓

 

左から日本の激辛南蛮、ハラペーニョ、ハバネロ、ブートジェロキア。

 

何かの間違いで混入したジェロキアですが、僕的には思いがけない偶然で超ラッキーで嬉しいです!!

 

ただ、もし本物のジェロキアならお店のハバネロソー同様に「ジェロキアホットソース」を作ってもあまりの辛さで誰もピッツァを食べられなくなるのでは?と少し心配です。

 

はたしてどの位辛いのであろうか・・・???

 

 

ゴーヤ茶

再びゴーヤネタでスミマセンが・・。

 

やはりゴーヤは孫ズルに結実しやすい様でこの時期になっても勢いは収まらず雌花は日に日に開花し、たった2本の苗からは予想もしなかった沢山のゴーヤが収穫できています。

 

お店はピザ屋なのでさすがにそんなに大量のゴーヤも捌ききれずしかも家族でゴーヤが好きなのは僕だけなので毎晩晩酌に「ゴーヤチャンプルー」を自己流にアレンジ(前回のグランチャーレとパルミジャーノでのイタリアンアレンジは旨かった。イノシン酸とチーズとオイルと相性がイイです!)してせっせと摂取していますが、さすがに毎日はしんどい・・。

 

 

なので色々知らべて「ゴーヤ茶」なるものを発見!

 

 

これが凄く身体に良いらしいので早速作って見ました。

 

 

作ると言っても簡単!ただ干して軽く要るだけ!

 

 

ゴーヤを縦半分に切ってなかのワタと種(種は捨てない。)をこそぎ取り2〜3ミリくらいの厚さにスライスしてザル等に広げて天日で干します。 

 

この時、種も一緒に干します。↓

 

 

天気がよければ夕方にはカラカラに乾燥してます。

 

 

それをフライパンなどで軽く色がつくまで乾煎りします。↓

 

 

以上で完成!

 

あとは密閉容器にて保存すればOK。

 

炒る事で苦味が和らぎ飲みやすくなりました。急須などで5分くらい蒸らしたほうが成分が抽出しやすいようです。

 

以下引用↓

沖縄では苦瓜と呼ばれている太陽を浴びて出来た野菜ですが、沖縄の住人が長寿とされているのはゴーヤを食べているからと言われるほど健康に良いです。

特にビタミンCの含有量はかなり多いため、美肌を作るのに有効です。

今からゴーヤ茶の効能と効果を紹介するので、健康になりたい人や美しくなりたい人はじっくり見る事をお勧めします。

ゴーヤ茶の効能と効果

ビタミンで綺麗な肌を作る
脂肪燃焼効果を上げる
糖尿病や高血圧を防ぐ
紫外線から肌を守る
塩分を排出する事が出来る

以上がゴーヤ茶の効果と効能となります。

ゴーヤ茶には「リノレン酸」と呼ばれる脂肪燃焼成分含んでおり、摂取後にウォーキングなどをすると痩せやすくなります。

そのためダイエットに有効な効果と効能を持っています。

ゴーヤ茶にはカリウムが含まれており、この成分は余分な塩分を排出する効果があるため血圧を抑えて糖尿病や高血圧の予防となるのです。

またビタミンCで紫外線を予防する事が出来ます。

ゴーヤ茶の効能と効果を生かしてダイエットをする場合は、飲んだ後の30分後から運動すると脂肪を燃焼しやすいのでお勧めです。

 

ゴーヤとは沖縄の定番食材である「ニガウリ(苦瓜)」のことです。南国の恵み豊かな太陽をたっぷり浴びているため、ダイエットや美肌に良い栄養素を豊富に含んでいます。

ゴーヤ茶のココがすごい!

・ 豊富なビタミン類が美しい肌作りをサポート
・ 豊富なカリウムがナトリウムを排出し血糖値を下げる
・ 話題のダイエット成分「リノレン酸」をたくさん含む
・ インシュリンに似た働きを持つ成分が血糖値を下げる
・ カフェインを含まないので子供や妊婦さんでも安心

効能(1) 脂肪を燃焼しやすくするリノレン酸

ゴーヤには「脂肪を燃焼しやすくする」作用を持つリノレン酸が含まれています。飲むだけでも脂肪燃焼効果がありますが、ジョギング・散歩などの運動と組み合わせることでダイエット効果は格段に増します。

また、インシュリンに似た働きを持つ成分が血糖値を下げ、脂肪の吸収を抑えるため、よりダイエット効果を高めることが出来ます。

効能(2) 肌によい栄養素がたっぷり

太陽の恵みとも言える「ゴーヤ」には豊富なビタミン類とミネラル類が含まれています。特にビタミンCを中心とするビタミン類には肌をキレイにする効果があります。

また、ミネラルの1つであるカリウムには「ナトリウム(塩分)を排出し血圧を下げる」作用があるため、高血圧気味の方には非常に嬉しい健康茶です。

引用終わり。

 

ダイエット効果と聞いて家内が興味を持ってくれたみたい?で僕が仕事中の間お天道様と睨めっこしながらゴーヤの天日干しを手伝ってくれて助かりました。

 

その効果は如何に???!

 

驚くべきゴーヤの効能!

お盆が過ぎてから台風の影響なのか雨が降ってはちょっと晴れ、また曇って雨・・・のような天気が続いて連日かなり蒸し暑いです。

 

畑の野菜はそれでも元気でその中でもやはりゴーヤが元気いっぱい!

 

連日収穫できます。↓

 

 

人工授粉の成果なのか今年の夏が生育に適しているのか、これがゴーヤの本来の姿なのか、今年初めての挑戦なので分かりませんが立派なゴーヤはすでに20本近く収穫出来ています。

 

お店用のピクルスももう沢山仕込んだので冷蔵庫のスペースが無く、5本くらいは「ゴーヤ茶」にするために天日で干し上げました。

 

 

さすがにピッツァで試食はしていませんが、トマトとチーズとは相性がいいと思うので賄いピッツァで試して見ようと思います。

 

 

ところでゴーヤは凄い効能のスーパー野菜だってんですね〜!!

 

 

今日も今から帰って焼酎のアテに「ゴーヤチャンプルー」豚肉の代わりにグランチャーレでパルミジャーノも使ってカルボナーラ風に作って見ようと思います。

 

以下引用↓

米コロラド大学がん研究センターのラジェッシュ・アガーワル(Rajesh Agarwal)教授らが、こうした民間療法と数年前の研究で、ゴーヤーの抽出成分には乳がん細胞の増殖を抑制する働きがあると確認されたことを踏まえ、その後も研究を重ねていたところ、ゴーヤーには膵がん細胞に対して、そのエネルギーの源となるグルコース代謝能力を抑制し、結果として膵がん細胞を死に至らしめる働きのあることを発見しました。

出典ゴーヤが癌細胞の98%を強制終了させる!!! - 唖蝉坊の日記

マウスを用いての実験結果では、ゴーヤーの抽出液を摂取したマウスは摂取していないマウスと比較して、がん細胞の代謝機構に大きな関与があったとみられ、抽出液によるプロティンキナーゼの働きを促進するという効果により、結果的に60%も膵がん細胞の増殖が抑制されていたことが判明しました。

水にわずか5%に希釈した苦瓜ジュースはすべての4つの膵臓癌細胞株の研究者が厳しく試験した結果、癌細胞の損傷に著しい効力を示しました。

出典ゴーヤが癌細胞の98%を強制終了させる!!! - 唖蝉坊の日記

瓜は2つの癌細胞の生存能力を90%削ぎ落し、別の二つの癌細胞を驚異的にも98%まで叩きました。そして、それは、治療のわずか72時間後のことでした。

出典ゴーヤが癌細胞の98%を強制終了させる!!! - 唖蝉坊の日記

免疫系を強化し、解毒し、歯の伝染病および有毒歯科材料を除去し、あなたの体をアルカリ化し、酸化治療を備えた体を酸化させて、癌特有の代謝経路を妨害するために特定の栄養を与えるのです。

お気に入り詳細を見る

全ての癌細胞は、役に立たないグルコースの発酵を利用して乱れエネルギーを作り出しています。苦瓜は、癌のわがままなエネルギー生産を切り離すための巨大な妨害剤です。

お気に入り詳細を見る

膵がんの前兆になる場合があるともいわれている糖尿病において、これまでにもインドや中国などアジア諸国では、ゴーヤー(bitter melon)は況薪尿病に効果があると信じられ、何世紀にもわたって民間療法などで多く用いられてきました。

夏野菜のピッツァビアンカ真っ盛り中!

夏真っ盛り!夏野菜も最強のポテンシャル真っ盛り!

 

お店のランチメニューの本日のお任せピッツァは「自家菜園の朝取り野菜と地物の旬の野菜のピッツァ」

 

素材の味をダイレクトに感じれるから、あえてトマトソース無しのビアンカで!

 

お盆休み?今週一杯ランチメニューで続けさせて頂きます!

 

旬の野菜はパワーが違う!!

 

 

 

雑草が生い茂っていますが畑の作物たちは元気一杯!

 

オクラ↓

 

 

 

 

ハバネロ唐辛子↓

 

 

 

そして家内は今朝も梅干し干しに忙しい。

 

 

 

 

梅干はお店の名物ドレッシングでありがたく使わせて頂いてます!!

 

 

 

 

 

 

 

畑のゴーヤ。

梅雨明けしてから連日暑い日が続いています。

 

高温多湿で畑の周りは雑草だらけですが、やろうやろうと思っている草刈はつい後回しになってしまいます。

 

そんな中、今年初挑戦のゴーヤはキュウリを上回る勢いで見るからに元気一杯です。

 

 

気温が低い7月前半頃はつるも弱弱しく,花が咲いてもほとんど雄花で全然結実せず、大丈夫かな?何でだろう?と思ってました。

 

そして色々調べてゴーヤは子ズルよりも孫ズルに多く雌花を咲かせるということが解ってきました。

 

だけど解った時点で、もはや畑のゴーヤはキュウリネットにゴチャゴチャに絡まって何処までが親ズルで子ズルか孫ズルか判らない状態だったのでこれ以上周りに伸びないって所で毎朝適当に摘心していました。(この辺りのいい加減な性格っていうか己の雑な精神を改める事も今後の課題のひとつです・・汗。)

 

そしたら毎朝チェツクしてると少しずつ雌花が咲いているのを発見!

 

ゴーヤの雌花↓

 

 

周りを熊蜂が飛び交っていて多分彼らが受粉の手助けをしてくれるのかも知れませんが、

確実に結実させるため雄花を着けて人工授粉していました。

 

ゴーヤの雄花↓

 

雌花の数に比べて雄花は圧倒的に多い。

 

そして今朝一番大きく育ったゴーヤの初収穫!

 

 

ゴーヤは育てやすく、それほど難しい特別な栽培知識もなく栽培できるらしいのですが、それでもこんな大きく育ったゴーヤを収穫できてとても嬉しいです!

 

 

 

早速お店のサラダやアテ盛りの付け合せに「ピクルス」にしてみました。

 

色が少し黒っぽいのは黒糖を加えたからです。

 

苦味を抑え、ほのかに香るスパイスとさっぱりしたシャキシャキ感が何ともいえない爽やかさです!

 

 

夜限定メニューで期間限定でお出ししております!