春の足音

2月16日 火曜 

晴れ時々薪割り。

今日は朝から良く晴れて午前中は風が強かったけど日が差すと春めいた暖かさを感じた。

風が強いとチェーンソーで丸太を刻んでいるときに削った木屑が舞って目や鼻や髪に入り込み面倒だ。

家と薪小屋を行ったり来たりしてたら土手の斜面に何やら黄色い影を発見!近づいて見るとオオッ!これは福寿草ではないかー!
しかも後ろにも2〜3本、手前には水仙の芽も伸びているではないかー!雪に埋もれてたのか全然気がつかなかった。

でも嬉しい!

当たり前のことだけど人間なんて気がつかなくても自然と自然は確実に春に向かってるんだなぁと思うと嬉しくなった今日でした。

福寿草 根は漢方にも使われるらしいが毒性が強く危険です。



水仙 こちらも全草に強い毒性あり。もうちょっと伸びるとニラにそっくり!

トン吉

トン吉。 

7年位前まだ新築する前の古い家があったころ何処からともなく現れて縁側の下に住み着いた野良猫だ。娘がまだ小学生だった頃だ。

娘が根気良くミルクや煮干を与えていると少しずつ少しずつ心を開くようになり家の中で昼寝する様にまでなった。

毎日縄張りのパトロールに忙しく、1週間も10日も帰ってこないとこの写真の様に傷だらけで帰ってくる。
この辺は里山だから敵は野良猫以外に狸かイタチかもしれない。(ホントか?)

推定年齢は・・? このボサボサの毛並みと動きの鈍さから言ってもう還暦を過ぎてるだろう。

それでもこの誇り高き雄猫は今日もパトロールに出かけて行く。



この本を読みましょう!

山本太郎氏こそ本物の政治家。

僕に取っては本当のウルトラマン太郎!

去年の今頃の「イスラム国殺害事件」でキナ臭い物の正体がはっきりと見えてきた。

この国がこの世界が一部の狂人たちによって支配(グローバル化)されようとしている事に本気で気づいたから。

皆さんご存知かと思いますがテレビもニュースも洗脳させる様フィルターを通して流されています。

この本を買って山本太郎氏に印税を寄付したつもりで応援しましょう!


薪割りとBGM

薪割りする時は小屋の中でヴォリューム上げ気味に音楽をかけながら作業してる。

今日のBGMは [ David Gilmour Live in Gdansk ]

Pink Floydの時からずっと聞き続けてるがこの年齢になっても若い時と声が全然変わらない。このライヴでのギターのサウンドは若干歪み過ぎてる感がするが完成度が高いアルバムだと思う。

やっぱりロックのライヴアルバムは大音量で聴くのに限る。田舎なので大音量で聴いていても誰にも文句を言われない。

そして夕方にはいつの間にか芋チューが片手に。

今日はあんまり作業がはかどらなかったべ。


このライヴもかっこいい。

蟷螂の降雪予報

庭のミントを収穫してたら草の茎に産み付けられてたカマキリの卵を発見!

今年は雪が少ないと思ってたらどうりでこんな低位置に産み付けられている。

蟷螂の降雪予報はそこらの天気長期予報より間違いなく当たる。



清原氏逮捕に思う。

あれほどの活躍をされて来た人間の強靭な精神力は常人には及びもつかないだろう。

それとも野球以外の事になると常人以下になってしまうのだろうか。

今回の事件で清原氏を弁護する気はないが、そのブツを餌に利権や金を骨の髄までシャブってる闇の組織の方が許しがたい。



その闇を路傍の隅から見つめていた男の曲