狼の群れと暮らした男

JUGEMテーマ:オススメの本

 

太陽が昇ると暑いなぁと感じることもあるけど陽の傾きも夕焼けの空の色も朝晩の冷え込みにも日に日に秋の深まりを感じます。

 

家の目の前の田んぼは一面黄金色。

 

隣の田んぼはもう半分以上稲刈りが進んでます。

 

心配されていた今年の夏の長雨の影響はそれほど深刻な被害にならなかった様で良かったです。

 

収穫の秋。

 

食欲の秋。

 

スポーツの秋。

 

そして!読書の秋!

 

今ハマッテる本があります。

 

狼の群れと暮らした男

狼の群れと暮らした男

作者:ショーン エリス
出版社:築地書館
発売日:2012-08-24

  • Amazon
  • honto
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店

 

著者のショーンエリス氏が動物に囲まれて育った生い立ちから軍隊経験を経て自然公園での狼の群れとの生活〜単独でロッキー山脈に分け入り野生の狼の群れとその群れの家族の一員として約2年間彼らと同じものを食べ同じ野生に生きてきた男の記録本。

 

柴犬を飼っているので何年か前に犬の事をもっと深く知りたくて狼の習性について調べていた時たまたまYOUTUBEで著者の狼と戯れる映像を見て衝撃を受けました。

 

 

 

 

 

 

その後偶然、武田鉄也氏の朝ラジオ「今朝の三枚おろし」で紹介されていたこの本を知り、最近になってたまたま手に入れてそれ以降もう今現在完全にどツボにハマっています。

 

20年以上前にこれもかなり自分の人生で衝撃を受けた植村直己氏の「北極圏1万2000キロ」に出会って以来の衝撃です。(ちなみに我が長男の直己という命名は彼の影響からです。笑)

 

今やっと半分まで読み進んだ。(一気に読み進みたい衝動に駆られるが一行一行噛みしめ反芻しながら読み進めている・・つもりだが、ただ単に深夜に何行か読むとすぐに睡魔が迎えに来るからだと思います。笑)

 

 

 

ショーンは前人未到の野生の山中で自分を狙う捕食動物や魑魅魍魎の陰が潜む暗黒の闇の世界で常人の想像を絶する孤独と恐怖を克服し、何週間も時には何ヶ月も自分を信じて彼らを待ち続ける。

キャンプのような生易しいものではなく腹が減ったら火も起こさず罠で仕留めた小動物の皮を剥ぎ生肉を彼らと同じように貪り食う。

雨風凌ぐテント等も一切持たず、ただ頑丈な衣類をまとい彼らと同じように藪や岩の上で寝起きし、そしてついに彼らとの接触に成功し彼らの儀式に合格し狼の家族の一番位の低い一員として受け入れられる。

月日は流れその間様々な試練を乗り越えボス狼の出産に関与し終えたある日、水を飲むために偶然屈みこんだ時、水面に写った、髭も髪も野獣の様に伸びどす黒く眼が落ち込んで痩せ衰えた自分の姿に驚愕しと同時に人間である自分の身体と精神の限界を悟り、もう二度と遇えないであろう狼の家族のもとを去る決心をし約2年の月日を経て文明(人間社会)に帰還した・・・とここまで読み終えました。本の厚さ的にここで半分です。

 

 

単なる冒険記ではなく莫大な経費をかけた探検プロジェクトでもなく大掛かりな装備や追跡機械など一切持たずにショーンエリス氏が文字通り裸一貫で人間の内に秘める五感やそれ以上の全てを研ぎ澄まし、独断で単独で挑んだ野生の狼の群れと暮らす。という前代未聞な挑戦に心が震えました。

 

 

じっくり読み進みたいのでまだパラパラとしか目を通していませんが本の中盤からは犬の訓練についても触れていて「悪い犬というのはいない、悪いしつけがあるだけだ。不適切な犬を飼い、誤解することにより何と幾多の悲劇が起きていることか。」と語っています。

 

狼を知ることにより彼らから学び、この宇宙と自然を敬い、本来誰のものでもない、ただ大自然からお借りしているこの大地を自然や祖先の教えから学び少しでも浄化させて次世代に受け継がせる事が出来ないかと彼は夢を語っています。

 

共鳴しますね。

 

 

 

一日の全てが終わった真夜中に、薪小屋で一人、ウィスキーをチビリチビリやりながらこの本を手にする時が至福の時間の一つです。

 

 

 

 

ただ、コオロギの鳴き声が夜な夜な弱々しくそして途切れ途切れなって来たのが寂しい・・。

希望の箱舟プロジェクト

突然ですが・・。

 

 

「くるくるあたま」という絵本をご存知でしょうか?

 

 

山形在住の画家 歌房史朗さんの作品です。 

 

https://www.utafusa.com/

 

友達を通してFACEBOOKにて友達になって頂き先日わざわざお店にお食事に来てくださりそれ以来仲良くさせて頂いています。

 

 

 

 

 

 

FACEBOOKにて彼が画家を志すきっかけになった写真を見て僕は心をブち抜かれました。

 

 

 

 

その写真がこれです↓

 

 

ケビンカーターとういう写真家の「ハゲワシと少女」という作品。

 

アフリカのスーダンで今なお続いている内戦と干ばつの為の深刻な飢餓。

 

飢えや伝染病で毎日力の無い子供達が死んでいます。(余談ですがこの写真を撮った天才写真家はこの写真が発表されると絶賛と共に多くの批判に追い詰められ自殺してしまいました。

 

 

 

話を戻します。

 

以下↓ 史朗さんのブログより

 

 

 

自分に出来ること始めます☆

 

どうか皆さん力を貸してください☆


画家になることを目指し始めたころ、コンビニで見た本に載っていたこの写真を見て将来、世の中の役に立てる絵描きになろうと心に決めました。
世界中で沢山の人たちが病気や飢餓、いろいろなことに苦しんでいます。遠くの国で起こることのニュースを見るたびに自分に出来ることは何もないと決めつけて何もできないでいました。
そして遠くの国のことだからと見て見ないふりをしている自分が
嫌で嫌でしょうがなかったです。
でもできないんじゃなくてやらなかっただけだと気づきました。
まだまだ有名じゃないし、お金も溢れるように稼げるようにはなっていません。 でも今できることが何か自分にもあるんじゃないかと考えました。
今自分に出来ること、ポストカードと絵本などの売り上げの利益のすべてを寄付することにしました。一部ではありません。
しかし年にイベントなどを含めた販売は20万ほどです。
まだまだ足りません。
一人ではこのぐらいの額しか販売できません。
そこで一人でも多くの方のお力を貸していただきたく思っております。
お店などでポストカード、絵本を置いて販売していただける方いらっしゃいましたらご協力いただけませんでしょうか?☆
ご協力いただける方いらっしゃいましたらコメント、メールなどでご連絡いただきたく思います☆
利益は全て寄付ということに賛同していただけるかたのみでお願いいたします。
協力していただいて何もお返しできないのも心苦しいのでお店ごと寄付金額が10万円を超える度に?(10万→20万→30万)にA4サイズの絵を描かせていただきます☆(オーダーではありません。)
利益の全額はシリア難民を支援している団体に寄付させていただきます☆ 寄付団体の詳細は寄付ごとにお店に寄付先と金額も合わせてその都度ご報告させていただきます(^^)
皆様どうかよろしくお願いいたします。
力を貸してください☆

 

引用終わり

 

 

全くの素の心持から僕も僕のお店「WOODEN SHIP」もただ純粋に何かのお役に立てればと。

 

史朗さんの意気込みにただ振動しただけなんだと思いますが・・。

 

なのでお店店頭(船なので甲板ですね。)にて「クルクル頭」の絵本とポストカードを販売させて頂いてます!!

 

 

絵本1700円、ポストカード1枚150円、10枚1000円共に税込みです。

 

 

 

もちろん販売利益は全額支援の為に使わせて頂きます!

 

 

 

僕は筋金入りの偽善者ですが何もやらない事には何も始まらないので・・・。

 

 

始めます!

 

 

偽善者なんて可愛いものでしょう? この国のお偉い支配者達よりは。

 

 

 

 

 

 

ニューボード

 

 

サーフィンが好きです。

 

 

 

テイクオフして板がスコーッ!!滑り出だす瞬間が好き。

 

波の斜面を滑り降りる瞬間が好き。

 

キラキラ輝く水平線の向こうから最高の波が届くようにドキドキして思いを寄せながら波待ちしているのが好き。

 

板に塗る滑り止めのワックスの匂いが好き。

 

波を見ながらどのポイントに入ろうか?と思いを寄せて尚且つ気持ちを落ち着かせながらウェットスーツに着替えてる時が好き。

 

 

 

 

好きと言うか感覚にハマルと言うか・・。

 

 

 

 

良くサーフジャンキーという言葉が使われ、波乗りの為に生活スタイルを変え仕事も住居も変える人が居ますがそのキモチがよ〜く分かります。

 

 

ホントまだまだドヘタですけどね・・。笑

 

 

それでもこの年になってワクワクする事といったら今は波乗りしかないです。

 

 

先週新しい板が届きましたー!!

 

 

今乗ってるやつより短くしてテールもスワローの板です。

 

 

 

届いてから毎晩、薪小屋で一緒に寝ています。笑

 

 

 

どんな動きをするのかな?!

 

 

 

あ〜待ち遠しい!!

 

 

 

今度の火曜日は日の出と共に起きて海に直行です〜!

 

 

畑・・・やっと晴れた!

ず〜と降ってた雨が上がった!

 

久しぶりの太陽が暑い〜!

 

裏山でミンミンゼミが嬉しがってる様に喧しく鳴いている〜!!

 

 

そして畑では唐辛子がチラホラ収穫出来始めました。

 

 

ハバネロ唐辛子↓

 

 

ところが!?

 

ハバネロは何時もと同じに収穫出来ていますがこの唐辛子・・見た目は目茶苦茶辛そうで「激辛南蛮」って苗を買って植えたのにこれが全然辛くないんだなぁ。↓

 

 

よく出回っている万願寺唐辛子とか福耳唐辛子とかでないよ。大きさも普通の唐辛子より若干大きめ位。

 

少しでも辛さがあればいいんだけど全く辛くなくシャキッとして微かに甘い。

 

何故だろう???

 

激辛南蛮として売られていた苗なのに・・何かの拍子で違う苗が収まってしまったのか?

 

う〜む・・・どうやって使おうか只今考え中。

 

あとは枝豆↓

 

 

見た目は悪いが採れたてを塩で揉んでたっぷりのお湯で塩を効かせて茹でて見ると甘みがあって美味い!!

息子達も豆食い猿の様に貪り食ってました。

 

まだ来週も収穫出来そうなので今週からゴーヤと合わせてスパイシーなマリネにしてランチサラダの付け合せに使わせて頂きます!

 

シソはこんな塩梅です。↓ シソはサラダに適量を千切って混ぜると爽やか〜で好評頂いてます。

 

 

 

アゲハチョウも久し振りに飛んできました。

 

 

 

やっぱり太陽が有難いですね〜。

 

 

 

 

HELL'S KITCHEN

ラーメンが好きです。

 

ピザ屋ですが同業のお店には・・・ほとんど食べに行きませんねぇ・・。

 

それよりお蕎麦やさんとかカレー屋さんとか店主さんが目の届く範囲でお仕事なさっている個人経営のお店にはよく行きます。

 

一昔前はラーメン=化学調味料・・・という印象でしたが、今は完全無化学調味料にこだわっているお店が少なくなく店主が試行錯誤で身体にも優しく骨太な個性的なラーメンを提供してくれるお店が多くなっています。

 

店主の個性が光る裸一貫のラーメン屋さんが好きです!

 

すぐ近所にお気に入りのラーメン屋さんがあります。

 

メタル好きの店主が営む「ヘルズキッチン」というお店です。(支店の「こもれ美」さんは同じく〇シュランガイドに掲載された繁盛店です。)

 

店内はヘヴィメタルのライヴ映像とサウンドがガンガン流れていてメタルロックポスターやグッツが陳列されていてかなり個性的なお店で俺はかなり大好きな店です。(3回しか行ったことありませんが・・。笑)

 

提供されるラーメンは一見個性的だが、こってりもあり、あっさりもありで実はかなり繊細でしっかりとお仕事をなさっている事が伺えるとても美味しいラーメンです。

 

大繁盛店ですがここ来月9月10日でお店を閉めるそうです。

 

お店の駐車場が売られることになり駐車場確保が出来なくなったための苦渋の決断だったらしい。

 

暫くは支店の「こもれ美」さん一本で商売を続けて行くらしいです。

 

賃貸店舗飲食店経営にはいつも付いて回る悩み・・・・俺には痛いほど分かる。

 

実は僕も近隣からの薪窯の煙と煤の苦情で移転目前まで決断を迫られた経験があります。近隣の方としっかりお話させて頂き煙も匂いも煤も届かない様に特注の排煙装置を取り付けて納得して頂き現在に至っております。(今度苦情が来ましたらお手上げです。笑)

 

ヘルズが今の場所から撤退するのは残念だけどあの親方ならきっと違う場所でもっとパワーアップして面白いお店を営ってくれるでしょう!!

 

 

まぁ早い話がかっちょいいお店で美味いラーメンがあるので閉店する前に是非行ってみてください!

って事です!!

 

 

ちなみに「ヘルズキッチン」ってお店の名前はプログレヘヴィーメタルバンド「DREAM THEATER」の曲から頂いたそうな。

 

 

かっこイイ曲ですね〜!!

 

 

 

熊さんの足跡

里山に住んでます。

 

此処の所毎日部落内で熊さんの目撃情報が相次いでおります。

 

家の前には田んぼが広がり小川が流れて農家の民家がポツポツと建っています。

 

その3〜4キロ先は国道で住宅地があります。

 

家の後ろは杉林と雑木林の山で国道を挟んで船形山へと続き遠く山形へと繋がっています。

 

 

 

今の季節は早朝と夕方のヒグラシの鳴き声がとても心地よいです。

 

 

 

先日家の前の歩道の上に田んぼから上がってきた熊さんの足跡が残っていました。

 

 

足跡からすると多分小熊で夜中に餌を求めて住宅地周辺まで徘徊し、田んぼを渡って家の横を通って裏山へ帰って行ったのだろう。

 

 

今年の4月頃の早朝にも犬の散歩をしてたら若い熊さんが斜め向かいの田んぼを猛スピードで裏山方面へ走って来るのに遭遇しました。

 

50mほどの至近距離で犬は直ぐに気づいて唸りリードを引っ張りました。

 

熊さんは走りながら僕らに気づいて(既に気づいていたのでしょう)進行方向をちょって左に寄せて裏山めがけて突進していきました。そのままガードレールを飛び越えるのかなと思って見ていましたが、熊さんには高さがあったらしく、ヨイショ!っとマタイで裏山へ姿を消しました。その距離50メートルほどでしたが不思議と僕は冷静に見ていて、焦ってガードレールをまたぐ後姿の熊さんの仕草が可愛いかった。だけど道路に出た時危うく車に惹かれそうになり一瞬ハラハラしました。運転手もさぞかしビックラこいたと思いますが・・・笑。

 

 

その後誰かが通報したのか直ぐにパトカーがやってきました。

 

 

もちろん僕は心の中で無事に山に逃げ帰って欲しいと強く念じていました。

 

 

ここ最近また部落内で熊さんの目撃情報が多発しています。

 

 

熊さんに襲われて命を落としたりしたら大変な事かもしれません。

 

 

それに現実に僕の子供達が襲われて命を落としたりしたらそれこそ想像を絶した取り乱し方をするかも知れません。

 

 

 

だけどその後その熊さんを殺したところでどうなるのだろうか?

 

 

 

でも難しい問題ですね・・・現場でそんなに冷静で居られるのかな・・? 自信ないです。

 

 

 

熊さんもテリトリーを開発やら観光やらで益々侵略されて彼らにしても命がけで里に下りてきて食べ物を求めて徘徊しているのだと思います。

 

 

そして捕らえられたら射殺です。

 

 

不憫な熊さん達です。

 

 

 

 

最近京都で鹿を襲って捕食している大型の野犬が出没しているらしいです。

 

 

 

何ともイビツで複雑で不気味な思いです。

 

 

 

日本オオカミが絶滅して全ての生態系のバランスが崩れたとの指摘があります。

 

 

 

今後この野犬達が益々野生化して行ったら絶滅した日本のオオカミの様な存在になっていくのだろうか?

 

 

 

絶滅した日本オオカミも犬もルーツを辿って行くとオオカミに突き当たるらしいから野犬が野生化してオオカミの様な存在になったら日本の野生界の食物連鎖の頂点に立つことになるのだろか?

 

 

そして何故日本オオカミは絶滅してしまったのだろうか?

 

 

日本人は元々稲作農耕民族としてこの島国に土着して自然や野性を敬い生きて来たはずなのに。

 

 

 

それをいつから童話「赤頭巾ちゃん」に洗脳され、自然や生態系を人間の傲慢で管理出来る、コントロール出来ると思わされる様になってしまったのだろうか?

 

 

 

以下引用↓

日本狼とは?

ニホンオオカミは、遺伝的には大陸のオオカミの一系統に由来し、日本へ渡来した時期はかなり古いものと考えられています。大陸のオオカミに比べて体格が小さく、6〜7頭の群れで生活し狩りをしていました。
ヤマイヌとオオカミは同種とする説が有力です。

日本狼は明治38年(1905年)1月23日、奈良県吉野郡東吉野村鷲家口で、地元の漁師によって捕獲されたのを最後に、絶滅したといわれています。

日本狼はなぜ絶滅したのか

絶滅の理由としては、明治以降西洋犬の導入に伴い狼にも狂犬病やジステンパーなどの病気が蔓延したこと、家畜に害をなすため、人間による徹底的な駆除が行われたこと。住居である山が開発され、餌となる動物や住処が激減したことなどが重なったためと考えられます。

日本人の信仰の対象であったオオカミ(大神)

もともと狼はオオカミ(大神)ともいわれ、日本では古代から神として崇拝されていました。日本書紀の欽明天皇即位前記には、秦大津父(はたのおおつち)が狼を「汝は是貴(かしこ)き神にして、鹿(あら)き行(わざ)を楽(この)む」と言った話が記されています。
かしこき神とは、賢明さと邪悪さを兼ね備えており、そのために人間から畏怖される神という意味です。

日本人は農耕民族なので、田んぼや畑をあらす猪や鹿などの動物は害獣。それらの動物をとらえて食べる狼は山の神としてあがめられていたのです。

狼を神の眷属としてまつる代表的な神社は秩父の三峰(みつみね)神社と遠州水窪(みさくぼ)の近くにある山住(やまずみ)神社です。
狼のお札を家の入口に貼ると魔をよけるとされています。

狼と民話

「森の民」である西洋人は、、狩猟を生業としており、狼は人間と同じ獲物を取り合う敵でありました。
「赤ずきんちゃん」や「3匹の子豚」「狼と7匹の子やぎ」などの童話、狼男伝説など、西洋における狼は狡猾でずるがしこい、野獣としてとらえられ悪役として描かれることが多いですね。

対して、日本人は農耕民族ですから、狼を恐れ畏怖し尊敬の気持を持っています。
そのためか、人と狼の心あたたまる交流を伝える民話などが日本各地に多数残っています。

・まんが日本昔話 「狼のまゆげ」出展 広島の民話(原題オオカミ長者)
・送り狼など「佐久の民話」
→飲み会の帰りに送ってくれた男性が、突然豹変して女性を襲ってくるという話ではなく、日本狼が自分のテリトリーに入ってきた、人間を相手がテリトリーからでていくまで、確認のためついていくとの習性を伝承したもののようです。
「おおかみこどもの雨と雪」細田守監督
→このアニメでも狼は、人間の隣人として描かれていますね。

鹿、猪などによる森林被害

最近よくジビエという言葉をききませんか? ジビエ(仏: gibier)とは、狩猟によって食材として捕獲された野生の鳥獣のことをいいます。
日本では狼などの食物連鎖の頂点となる動物が絶滅してしまったため、野生の鹿が増え、農作物や森林を荒らすため、狩猟や有害捕獲し間引きが行われています。
狩猟時の遺骸を野山に廃棄することなく、食肉として有効活用を図るという取り組みが行われているため、私たちの食卓にもジビエが身近になってきたのです。

実は、この乱れた生態系を元にもどすため、日本に狼を再導入して復活させようという動きもあります。
日本狼の絶滅から100余年、現代の日本人は、狼と共存できるほど、成熟したのでしょうか。
山の神と共存するために、何を知り何を学ぶべきなのか、考えさせられます。


参考;死に絶えた山の神 日本人と狼信仰 谷川健一著

(2016年1月23日) 引用終わり

 

 

 

 

最近、農家の人が田舎に引っ越してきた人達が農作業をする時トラクターの音がウルサイとクレームを言って来て困っているとこぼしておられました・・・。

 

 

 

全てがバランス・・・難しいですが大切なことはバランス。

 

 

 

PIZZAもそうですが・・全てがバランス。

 

 

 

言うのは簡単だけれどそのバランスが難しいですよねぇ・・?!

 

 

 

だから何時まで経っても上達しなんですねぇ・・サーフィンが!笑