ONE DAY

本日も朝一で海、帰ってから茄子の苗を植え付け、ブルーベリーを植えたり、アジサイの苗を植えたり、今日もほとんど野外活動してました。

 

 

午後から薪小屋の床に補強の為(割れた拍子に薪割り機から重い丸太が床に落ちてコンパネ敷いただけの床が痛みます。)杉板を貼ってました。

 

 

まだ途中だけどそろそろ薪割りの時間。

 

 

薪小屋から素敵な南風が吹いてきて物凄くキモチE〜です!!

 

琥珀色の炭酸飲料はもうすでに2本目です!笑

MEGADETA! (メガデタ!)

先週は種蒔き後いい感じに雨が降って気温はちょっと低めだけどコリアンダーとバジルが発芽しました!

 

バジルの新芽↓

 

 

コリアンダーの新芽↓

 

 

 

たわいの無いちょっとした事なんだろうけどなんだか感動です。

 

 

先週植えつけたトウモロコシの苗もしっかりオガッております!

 

 

美味しく実ってお店のメニューで活躍させたいなぁ。

枝豆の植え付け

本日火曜日はお店は定休日。

 

天気予報は晴れ時々曇り。

 

なので朝5時に起きて海に行ってから午前十時頃から枝豆の苗を植えつけました。

 

 

思ったより苗が多くて(発芽率100%)ちょっと苗の間隔が狭くなっちゃったけど仕方ない。

 

 

 

直射日光は暑いけどお昼頃から風が出てきて畑に居るのは気持ちいい!

 

さぁ夕方からは鍬をチェーンソーに持ち替えて薪にする丸太切りガンバロ!

 

素晴らしい天気とこの充実した時間に感謝!

今朝の収穫!

毎朝の犬の散歩の途中で山菜や木の実を発見して収穫するのが楽しい。

 

今朝はワラビ。

 

 

毎年同じ場所に生えるので発見するのは簡単。ただ時期を見計らいタイミングを合わせないと勝手知ったる他人の里は他にも狙っている人が居て調度いい時に採られてしまう。

 

今回も先週すでに採られた後だったが後から生えてきた新芽が幾らか出ていたので少しばかり収穫してきました。

 

バットに広げて灰をまぶして熱湯をかけ数時間(5〜6時間)放置(あまり長く放置すると柔らかくなり過ぎます。)

 

 

色んな食べ方があるけれど白ワインビネガーと味醂と醤油をほんの少しでマリネしても美味しいです。

 

シャキっと感とぬめりがあって独特のほのかな山の香りがあって好きな山菜です。

 

お店のサラダと合わせてランチで好評頂いていますよ。

 

んだげっとも、もう今日で終わりだべなぁ。

 

んだってもうオガッて来ったどわ。

 

 

土いじり

土いじりが好きです。

 

野外が好きです。

 

休みの日は薪割りのほか海に行ったり畑や草刈りなんかでほとんど外に居ます。

 

畑は今の所に落ち着く前からお店の近くで土地を貸して頂いたり、町民農園で貸して頂いたりでトータルして20年近くは

やっています。一時期は子供達がまだ小さくいろんな事が重なってほとんど手付かずでお店のハバネロ唐辛子だけ何とか続けていた時期がありましたが、子供達も何とかカントカ逞しく成長して来まして少しずつ僕も自分の時間も持てるようになり気持ちにも少しだけ余裕が出てきたかな?って感じです。そして今年は前回お話した「耕運機」の活躍でかなり丁寧に耕すことが出来たので収穫が楽しみです。

 

去年サツマイモでツルボケの失敗をしたので今年も挑戦しようと思いましたが、末っ子がトウモロコシと枝豆をどうしても一緒につくりたい!とリクエストされたので種まきしました。

 

 

一週間ほどで芽が出揃いました。

 

 

トウモロコシは種を深く埋めすぎたのか今の時点で発芽率3割弱です。

 

 

↑ハバネロ唐辛子の苗は近所の農家のお店で買ってきました。1ポット100円でお得です!ホームセンターだと298円位しますよ。

 

↓今日はこの苗とオレガノやフェンネルなんかの苗を植えてバジルとパクチーの種を蒔きました。

 

 

ちゃんと芽が出てくればいいな。

 

枝豆は来週あたり畑に植え付けようと思います。ワクワク。

 

 

 

インド料理とインド

インド料理が好きです。

 

テンパリングしてる時、挽き立てのスパイスの香りがたまらなく好きです。

 

 

PIZZA屋だったら本来なら挽き立てのエスプレッソ豆となるはずでしょうが・・笑

 

スパイスの中でも特にグリーンカルダモンの香りが好きです。

 

お店のイチゴのPIZZAのソースを作る時カルダモンを数粒入れると甘い香りが引き立ちます。たま〜に朝飲むチャイにもこのスパイスは欠かせません。

 

以下引用↓

 

グリーンカルダモンの効果や特徴

カルダモンの中でも「香りの王様」と呼ばれるのがグリーンカルダモン。香りが強く、わずかに刺激があり、カレー粉の主原料のひとつです。果実の外皮にはほとんど香味がなく、中の種の熟度によって香味が変わります。サフランに次いで高価なスパイスです。
 

グリーンカルダモンの使い方

カレーには欠かせない香辛料ですが、ハンバーグミートローフなどの隠し味や肉類の臭み消しにも使われますしまた、パウダーにしてごく少量をコーヒー、紅茶やバン、ケーキ、洋酒の香り付けに用いてもいいでしょう。
 

 

 

グリーンカルダモンを使ったミックススパイス

  ガラムマサラ
グリーンカルダモン以外のミックスされているスパイス
コリアンダークミンシナモンクローブローリエ・グリーンカルダモン・ナツメグこしょう

 

 

グリーンカルダモンとは

グリーンカルダモンもともと東洋のスパイスですベギリシャ、ローマ時代にはすでにヨーロッパで使われていました。当時は主に香料としての役割でしたバインドでは、紀元前の書物に「泌尿器系の不快感や脂肪を取り除くときに処方される薬用スパイス」と記載されていたそうです。

グリーンカルダモンはショウガ科の多年生草本。成長すると2〜 5メートルになります。短い花茎が出て、花が咲いた後に小さな楕円形の実がなります。楕円形の実の中に黒またはこげ茶の香りのいい種が12〜 20個入っています。

カルダモンは2〜4mの高さに成長する、インド原産のンョウガ科の多年生草本です。白色で中央は赤紫のような色をした花を咲かせ、楕円形の実をつけます。香辛料として使われてるのは、この実の部分です。さや(外皮)にはほとんど香りはなく、種に凝縮しており、ほのかに柑橘類を思わせる、さわやかな刺激のある風味から「香りの王様」の異名でも知られています。

体を冷やし、消化を助ける作用があるため、気温が40℃近くまで上がる灼熱のアラブでは日常生活に書かせないスパイスのひとつになっています。

料理ではカレーパウダーの材料にするほかにも、幅広い用途があります。さやがついた状態のものはスパイスライスやチャイのほか、コーヒーに浮かベるなどして香りづけに。

引用終わり

 

趣味でよくカレーを作ります。(実はPIZZA生地の耳・縁の部分はカレーと食べるととても美味しい!)

数種のスパイスをミルで挽いてガラムマサラを作る時このグリーンカルダモンの甘い香りに誘われてまたインドに行きたくなっちゃうんです・・笑

 

20代前半からいろんな国を旅して周り、もちろんイタリア・ナポリもよかったけれど、強烈に過酷で死にそうになるほど最悪でそして極上に痛快で楽しかったのはインドでした。

 

24歳の時、三蔵法師の様に天竺まで旅して見ようと思い8ヶ月をかけて中国、パキスタン、インド、ネパール、タイを旅してきました。横浜から船に乗り、中国上海から陸路でパキスタンまで入り(この間のヒマラヤ越えも面白い体験でした〜。)さらに陸路でパキスタンのラホールからインドに入りました。

 

パキスタンのラホールから5〜600メートルの距離のインドの国境を歩いて渡った時、今まで経験したことの無い猛烈な夏のインドの暑さの中、これから待っているであろう初めてのインドへの期待と不安に押し潰されそうになりながら大きな荷物を頭に載せて歩いていく現地の人達に入り混じって歩き進んで行く砂埃の道が三途の川の様にユラユラと蜃気楼のように見えてた時のことを今でも鮮明に覚えている。

 

国境付近の町アムリトサル。

 

 

まとわりついてくる猛烈な暑さ、ゴミや汚物、ガソリンの匂いの中、ごった返す人・人・人!狭い迷路の様な路地でゴミを食いあさる野良牛・牛・牛!  皮膚病で毛の抜け落ちた狂った野良犬、走り回るリクシャーの群れ、鳴り響くクラクション、現地の音楽をガンガン鳴らして屋根まで溢れる人を乗せ猛烈なスピードで走るボロボロのバス!

全てが驚きとショックの連続でやっとの事でありつけた安宿。ヤモリが鳴く薄暗い牢屋の様な窓の部屋。天井の扇風機がねっとりと絡みつく猛烈な蒸し暑さの部屋で虚しく低速で回っている。

 

そしてありついた初めてのインドでの飯。

 

スパイスと塩味のバシャバシャした黄色い汁、紫色のタマネギと青唐辛子、ひょろ長い米の飯。

 

腹が減ってるのに正直美味しく感じない。

 

パキスタンでもそうでしたが旅の前半のこの当時はこの食事にどうしても馴染めなくて日本の味噌や醤油の味が恋しくて恋しくて正直もう帰りたいと何度思ったことか・・・。だからもっぱらバナナやマンゴーばかり食ってました。

 

 

 

でも不思議な事に旅を続けていると段々と美味しく感じてきて最後の方はもう本当に美味しくて現地の人と一緒に右手で貪り食ってました。

 

 

何度も何度も何度も騙されて、最後の最後にお前もかー!?と騙されて散々な目に合ったこと数知れず。

 

最初はむきになって腹を立てていたけれど最終的には全て笑えるようになったインドの旅。

 

書きたいことが山ほどあって、とても今回だけではお話できないのでまたの機会にお話しさせてくださいね。

 

 

PIZZAを焼いてるときの薪の香りと焼き上がる生地の小麦の香りとチーズの焼ける匂いも大好き!

 

 

でも同じくらい?時にそれ以上に複雑に絡み合った挽き立てのスパイスの香りも大好きです!