ゴーヤ茶

再びゴーヤネタでスミマセンが・・。

 

やはりゴーヤは孫ズルに結実しやすい様でこの時期になっても勢いは収まらず雌花は日に日に開花し、たった2本の苗からは予想もしなかった沢山のゴーヤが収穫できています。

 

お店はピザ屋なのでさすがにそんなに大量のゴーヤも捌ききれずしかも家族でゴーヤが好きなのは僕だけなので毎晩晩酌に「ゴーヤチャンプルー」を自己流にアレンジ(前回のグランチャーレとパルミジャーノでのイタリアンアレンジは旨かった。イノシン酸とチーズとオイルと相性がイイです!)してせっせと摂取していますが、さすがに毎日はしんどい・・。

 

 

なので色々知らべて「ゴーヤ茶」なるものを発見!

 

 

これが凄く身体に良いらしいので早速作って見ました。

 

 

作ると言っても簡単!ただ干して軽く要るだけ!

 

 

ゴーヤを縦半分に切ってなかのワタと種(種は捨てない。)をこそぎ取り2〜3ミリくらいの厚さにスライスしてザル等に広げて天日で干します。 

 

この時、種も一緒に干します。↓

 

 

天気がよければ夕方にはカラカラに乾燥してます。

 

 

それをフライパンなどで軽く色がつくまで乾煎りします。↓

 

 

以上で完成!

 

あとは密閉容器にて保存すればOK。

 

炒る事で苦味が和らぎ飲みやすくなりました。急須などで5分くらい蒸らしたほうが成分が抽出しやすいようです。

 

以下引用↓

沖縄では苦瓜と呼ばれている太陽を浴びて出来た野菜ですが、沖縄の住人が長寿とされているのはゴーヤを食べているからと言われるほど健康に良いです。

特にビタミンCの含有量はかなり多いため、美肌を作るのに有効です。

今からゴーヤ茶の効能と効果を紹介するので、健康になりたい人や美しくなりたい人はじっくり見る事をお勧めします。

ゴーヤ茶の効能と効果

ビタミンで綺麗な肌を作る
脂肪燃焼効果を上げる
糖尿病や高血圧を防ぐ
紫外線から肌を守る
塩分を排出する事が出来る

以上がゴーヤ茶の効果と効能となります。

ゴーヤ茶には「リノレン酸」と呼ばれる脂肪燃焼成分含んでおり、摂取後にウォーキングなどをすると痩せやすくなります。

そのためダイエットに有効な効果と効能を持っています。

ゴーヤ茶にはカリウムが含まれており、この成分は余分な塩分を排出する効果があるため血圧を抑えて糖尿病や高血圧の予防となるのです。

またビタミンCで紫外線を予防する事が出来ます。

ゴーヤ茶の効能と効果を生かしてダイエットをする場合は、飲んだ後の30分後から運動すると脂肪を燃焼しやすいのでお勧めです。

 

ゴーヤとは沖縄の定番食材である「ニガウリ(苦瓜)」のことです。南国の恵み豊かな太陽をたっぷり浴びているため、ダイエットや美肌に良い栄養素を豊富に含んでいます。

ゴーヤ茶のココがすごい!

・ 豊富なビタミン類が美しい肌作りをサポート
・ 豊富なカリウムがナトリウムを排出し血糖値を下げる
・ 話題のダイエット成分「リノレン酸」をたくさん含む
・ インシュリンに似た働きを持つ成分が血糖値を下げる
・ カフェインを含まないので子供や妊婦さんでも安心

効能(1) 脂肪を燃焼しやすくするリノレン酸

ゴーヤには「脂肪を燃焼しやすくする」作用を持つリノレン酸が含まれています。飲むだけでも脂肪燃焼効果がありますが、ジョギング・散歩などの運動と組み合わせることでダイエット効果は格段に増します。

また、インシュリンに似た働きを持つ成分が血糖値を下げ、脂肪の吸収を抑えるため、よりダイエット効果を高めることが出来ます。

効能(2) 肌によい栄養素がたっぷり

太陽の恵みとも言える「ゴーヤ」には豊富なビタミン類とミネラル類が含まれています。特にビタミンCを中心とするビタミン類には肌をキレイにする効果があります。

また、ミネラルの1つであるカリウムには「ナトリウム(塩分)を排出し血圧を下げる」作用があるため、高血圧気味の方には非常に嬉しい健康茶です。

引用終わり。

 

ダイエット効果と聞いて家内が興味を持ってくれたみたい?で僕が仕事中の間お天道様と睨めっこしながらゴーヤの天日干しを手伝ってくれて助かりました。

 

その効果は如何に???!