新年明けましておめでとうございます。

2017年明けましておめでとうございます。

 

色々な方が色々な場所や色々な人達と様々なお正月をお迎えになった事だと思います。(当たり前だー!)

 

僕の場合は体調を崩し大変なお正月でした。

 

大晦日の午後から頭痛と身体の節々に違和感を感じていましたが元旦の朝に確実に風邪の症状に陥り、それでも子供達と約束していた恒例の餅つきをどうしてもやってあげたかったのでお昼頃まで準備してつきたてのお餅をお雑煮にして家族みんなで美味しく頂きました。そこまでは良かったのだ・・・。

しかし午後から熱が上がりそれから家中の薬の何を飲んでも熱が下がらず頭痛と寒気と身体の痛みで眠れずご飯も食べられず4日目の朝3時頃に見かねた妻が救急車を呼んでくれたが、やっぱり大の大人が風邪ごときで救急車に頼る等とは大袈裟でかっこ悪く恥ずかしくなってしまい、丁重に辞退を申し上げ救急車には撤収して頂きとても不謹慎な事をしてしまいました。救急隊員の皆様お忙しいのにわざわざ来て頂いて本当に申し訳ありません。御免なさい。(しかしそれほど酷い風邪でした・・。)

 

結果的には4日目の朝に38度台まで熱が下がったので近くの内科に行き点滴など処理して頂き(インフルの検査では陰性)夕方には大分良くなり今に至っております。

 

 

お客様皆様 体調管理を怠り5日より営業させることが出来ず大変申し訳ありませんでした。

 

 

只今、一生懸命明日の為の生地を仕込み、朝からずっと薪窯に火をくべています。

 

 

こんなドジな船長の「WOODEN SHIP」(木の船)2017年初の出航は、

 

7日(土)11時より通常営業で出航させて頂きます!

 

尚、ランチセットは限定30食ドリンク付きでサービスさせて頂きます!!

 

どうぞ皆様 独学我流のピッツァ店 WOODEN SHIPを本年も宜しくお願い致します!

 

除夜の鐘自粛に思う。

東京や静岡の一部で除夜の鐘を自粛するお寺が増えています。

 

 

以下引用↓

大晦日の風物詩『除夜の鐘』。この音を聞かないと新年を迎えた気がしない、という人も多いかもしれない。しかし今、『除夜の鐘』を自粛する寺が出てきているという。

 東京・小金井市 にある、100年 以上の歴史を持つ『千手院』 。住宅街に囲まれており、近隣からの苦情で『除夜の鐘』の中止を決めた。

 7代目住職の足利正尊 氏さんは「家族で鐘つきをするのを楽しみにしていた方もおり、私の代で止めてしまうのは悲しい思いではあるが、致し方ないところです」と話す。

 静岡県牧之原市にある、450年以上の歴史を持つ大澤寺 も『除夜の鐘』をやめた。

 15代目住職の今井一光 さんは「夜中に鐘が鳴るということに非常に腹を立てた近隣の方からのクレームがありまして、それでやめました」と説明。

 しかし復活を望む声も強く、今井さんは昼に鐘をつく『除夕の鐘』(じょせきのかね)を始めた。

「去年は120〜130人 くらいが列になって並んでくれた。そういうような形でみなさんに認められつつあるところです」と教えてくれた。

■ネット上でも賛否両論
 『除夜の鐘』自粛について、Twitter上では

 「季節の風物詩を理解できないって、日本人の感性ではないね」
 「日本はどんどん残念な国になるな」
 「うるさいって言われて引き下がるお寺も微妙。そのクレームの人に除夜の鐘の意味をとうとうと説いてやればいいじゃない」

など、残すべきだという意見が多い一方、

「禁止になればいい。深夜0時に、でっかい鐘の音を聞かされる近隣住民に同情する」

と、中止に理解を示す意見も。

 仏教経済ジャーナリストの井上暉堂 さんは、『除夜の鐘』を自粛したお寺について「1000人に一人でも鐘の音をうるさいと感じる人がいれば”仏教の教え”として対応してしまう、ということが原因のひとつかもしれない」話す。

 東京・中野にある“坊主バー”のマスターである釈源光 さんは「除夜の鐘は、一年の終わりに煩悩を洗い直して新年から心を入れ替える、という一つの区切りであり、昔から日本人はそうやって鐘の音を聞いてきた。苦情が出て、やめてしまうのは寂しい思いがある。やはり世の中の流れに合ったやり方で、工夫して何とか続けていってほしい」と、一定の理解を求める。

■変わる伝統行事、『除夜の鐘』以外にも
 変わりつつある伝統行事は、『除夜の鐘』だけではない。

 正月の風物詩『餅つき』も、集団食中毒の危険があるとしてイベントを禁じる地域が続出。愛知県 では「『盆踊り』の音がうるさい」という苦情が出たため、ラジオの電波に音を乗せ、イヤホンで聴きながら踊る、という何ともシュールな光景が見られたことも。


 これ以外にも『豆まき』は危険という理由で中止、鬼が家々を回る『なまはげ』は、「子どもが怖がる」という苦情で鬼がとても優しくなってしまったという。

 一部の過剰とも思える反応の影響で、伝統行事が変化を迫られる昨今。今は当たり前だと思っていたものが将来、貴重になってくるのかもしれない。

引用終わり。

 

 

何とも寂しく悲しい思いです。

 

鎌倉時代から続いてきた日本の伝統的な文化を一部のクレームの対処により自粛してしまうのは如何なものか・・?

お寺の立場も分かります。しかしここはそういう時こそ寺の住職に是非延々とその方に説教をして頂きたいと思います。

 

クレームをつけて来た方は本当に日本人なのだろうか?

 

 

そして何故クリスマスイベントやハロウィンイベントなどには自粛する動きは無いのだろうか?

 

 

誤解を恐れず言いますが山が削られ当たり前の様に建っているCOSTCOにありがたがっている場合じゃないと思います。

 

 

この国は内部からも侵略されていると思っています。

 

 

 

以下 「ひかたま」様のブログから引用↓http://shindenforest.com/

水土保全林という区域が北海道にはたくさんあります。 

水土保全林は、 
緑のダムとも呼ばれる水源豊かな、山地災害防止機能を重視する森林のことです。 

北海道では、 
その重要な水土保全林の900ヶ所以上で 
現在 
所有者が不明となっています。 

すでにその一部は
所有者をたどると
海外資本が買収していることが
明らかになっています。
 

不動産屋さんの良心に頼るしかないのが現状です。 


北海道でも 
最近になってようやく警戒感が出始めました。 




北海道では、
ようやく
北海道の不動産を中国などの外国資本が買収している問題に対して
日本政府に法規制を求める方針を決めました。
 



今回の動きにいち早く反応したのは 
中国です。 

中国メディアは、 
「日本人は自国の土地が、海外資本に買収されていることに警戒感を示しはじめている。
近い将来に
日本は外国人の不動産所有を制限し、
所有権ではなく借地権しか買えなくなる可能性もある。
 
購入するなら今のうちかもしれない。」 
と報道しています。 



現在
日本全国には
土地の地主からの売却依頼が増えています。
 

でも 
日本人には高値で売れないから 

外国人にでも売りたいという土地が 
7560 km2  

なんと

 

東京都の面積の3.5倍、


日本の国土の2%もあります。 


日本の国土を守るための法整備が無い現在では
静かな国土流出は
続いています。
 


日本の豊かな自然が 
お金儲け目的で開発されることなく 
守られますように。 

引用終わり。

 

この国には遠い昔から大切に受け継がれてきた繊細な独特な文化があったはずです。

 

奥深い四季の変化があり日本人独特の自然に学ぶ尊い精神。和。侘び寂び。

 

日本人にしか理解できない美意識があったはずです。

 

それを「グローバル化」などと軽く考えていてはとても危険なことだと思います。

 

14日の火曜日はお店の定休日。薪割りは午後にやることにして波乗りに行って来ました。

 

仙台新港。サイズ膝腿。やはりこの季節は北西の風に抑えられドヘタの僕でも物足りないサイズです。朝一で波情報をチェックした時に行こうか止めようか迷いましたが今年最後になるかもしれないと思い行ってきました。

 

 

それでも20人くらいは入ってたかな?

 

まだヘッドキャップ被るほど寒くなかったけどそれでも波を被ると一瞬衝撃が走るほど水は冷たいです。

ブーツもグローヴも7ミリでよかったです。

 

最初は全然余裕なんだけど30分、40分と経過すると寒さで身体が硬くなり小一時間でテイクオフ時に板が滑り出し板の上に立とうしても前足が出ずそのまま膝を着いたままテイクオフという醜態をさらし始めました。

これは自分でもとてもショックです。年を取るってこういう事だと思い知らされます。その瞬間に足が出ない。

こうならない様に夏からずっと毎朝犬と一緒に1キロ以上走って鍛えていたつもりでしたがやっぱり今日も・・でした。

 

そして1時間15分くらい経過した頃、6年前にギックリ腰で痛めた腰の同じところが痛くなってきてそれと連動する右の膝下の腱を攣ってしまいヤバイと思って慌てて上陸してきました。

 

まともに乗ったは3本だけで色々悔いが残る波乗りだったけどまあ久しぶりの海でなんだかやっぱり気持ち良かったです!

 

来春まで陸トレしてリベンジしようと思ってます。(でも多分来週あたりもし時間に余裕があり波が良かったらまた行って来たいな〜と思ってる自分も居ます。笑)

エレキギター

最近ヤフオクで衝動買いしたピグノーズの限定生産のクリスタルモデル。

 

 

ギターが好きです。

 

アコギもたまに弾くし持ってるけどやっぱりエレキギターが好きです。

 

ブルースロック系のジャムセッションでコード鳴らしてるよりチョーキングとかしながらソロパートを弾いてるのが好き。(笑)

ギターを持つと目立ちたがり屋で人の意見は聞きたくないタイプに顕著に変貌します。

 

ギターとの出会いは今から37〜8年前だろうか?

 

当時中学1年の俺の近所に仲のいい友達がいてそいつの家に遊びに行くとたまにそいつの兄貴(多分高校2〜3年だったと思う)がいて物静かな兄貴だったが、プラモデルを作ったりするのが上手くて背がスラリと高くて長髪で俺はいつもカッイイなぁと思っていて密かに憧れていたのだった。そいつも自慢の兄貴だったらしく兄貴の留守中に兄貴の部屋に勝手に俺を導いて兄貴のプラモやラジコンやステレオやポスターなんかをいつも自慢してくるやつだった。

 

そしてある日そいつの家に遊びに行くと「すげー物見せてやる!」と何時もよりテンション高めに誘ってきたので何だべ?と思って兄貴の部屋で見せられたものが生まれて初めて生で見る「エレキギター」だった。

 

黒のストラトキャスター。多分グレコだったと思う。

 

もう一本もストラトキャスターでこれがクリスタルだった。

 

 

ハードケースの中に横たわるその透明なボディの曲線とその光沢。

 

そのボディを通して中のベルベットの生地が透けて見える塩梅がこの上なく美しくて一瞬で悩殺ノックアウトされてしまった。

 

俺の運命を変える衝撃的な出来事だった。

 

そしてその時生まれて初めて「ハードロック」を聴いた。

 

そいつが「兄貴が最近聞いてるんだ」と言うディープパープルの「SMOKE ON THE WATER」だった。

 

イントロのあのリフ。真空管のマーシャルアンプから弾き出されるストラトキャスターのあの歪んだサウンド。

 

一撃でぶっ飛んだ。

 

今でもたまに聴くことがあるけど「LIVE IN JAPAN」でのこの曲のサウンド、ドライヴ感は最高傑作だと思う。

 

ちょっと話がまとめられなくて脱線気味になってしまったのでこのライヴの「SMOKE ON THE WATER」を貼り付けさせて頂いてこの続きはまた後日お話させてください。

 

娘のジャズフェス。

以前この発信でお話させて頂いた娘のジャズフェスパフォーマンスの動画アップの件ですが、何度か娘の許可を伺いましたが、やはり彼女的にどうしてもあの時のパフォーマンスは気に入らなかったらしく首を縦に振ってくれませんでした。

 

なのでここではジャズフェスの動画はアップできません。

 

ただ、娘は次回何かの機会があれば是非取り上げて欲しいと言ってくれたので今後の活躍に期待して陰ながら応援して行こうと思います。

 

彼女の動画のアップを楽しみにして頂き本当にありがたいです。

 

そしてアップ出来なくてすみませんでした。

 

代わりに彼女が世界一尊敬しているギタリスト・ジェフベックを貼り付けさせて頂きますね。

 

 

現在72歳。現役。1976年発売の「WIRED」ってアルバムに収められている「Led Boots」って曲です。

 

このイントロ・・・当時も今も鳥肌が立ちます。

音楽は素晴らしい!

ヤラセでも何でもいい。

 

 

ただ、音楽は素晴らしいって事。

 

 

世の中暗いニュースばっかりだけどこんなの見ると胸が熱くなります。

 

 

音楽って素晴らしい!