再びスギナ茶

今年の春に採ったスギナ茶が完成しました。

 

その辺にいくらでも生えているスギナですが、気をつけなければいけないのは農薬や除草剤です。

 

僕の家の敷地は他人の裏山と隣接していて無駄に広いのでそこは苦労しません。^^(毎年の草刈作業は大変ですが・・。)

 

まず採ってきたスギナをザルなどに広げて雑草やゴミなどと選別し広げて天日干しにします。風が強い日だと夕方にはカラカラに乾きます。

 

 

 

それをダンボールなどの大きな箱に入れてハサミ等で細かく切ります。新聞紙に広げると乾燥したスギナは軽いのですぐ飛び散るのでオススメしません。

 

そのままでもいいのですが、青臭さが気になるので僕の場合細かく切ったスギナをフライパンで軽く炒ります。強火で炒りすぎるとせっかくのスギナのミネラル成分が破壊されてしまうので気をつけます。炒ることで香ばしさがプラスされて僕は好きです。

 

 

密封ガラス瓶などに入れて暗冷所で保管してます。

 

 

飲む時はお好みの量を煎じてから急須に注いで毎朝湯のみで飲んでます。あまり煎じすぎるとこれも何だか効能成分が破壊されそうな気がして時間にしてほんの1〜2分程度で急須に注いで1分ほど蒸らしています。

 

毎朝このお茶を飲みながら子供たちがまだ寝ているつかの間の静かな新鮮な朝の時間を妻と二人で味わっています。

 

本当に飲みやすくて勝手な自己暗示かもしれませんがミネラルが身体中に行き渡っていく気がしてやめられませんし、何より身体の調子は毎日軽く感じます。

 

 

 

以下抜粋

スギナというとあまりわからないと、首をかしげてしまう方でも、つくしと同じ植物だというと、よくわかるのではないでしょうか?つくしはスギナの胞子茎のことです。

そのスギナ茶には多くの効能があります。

 

効能

ガン予防、糖尿病、肝臓予防、骨粗しよう病予防、
アトピー性皮膚炎改善、便秘改善、 高血圧の予防

 

主な成分

サポニン、葉緑素、ケイ素、カルシウム、カリウム つくしは日本でも食べられており、スギナは製薬として日本だけではなく多くの国で民間療法に用いられています。

ドイツの「神の薬局より送られた健康」という文献には、スギナには、あらゆる病気、ガン性腫瘍にさえ効果がある。

スギナのお茶を長期服用することで、悪性の腫瘍の成長を阻止し、ついにはそれを壊してしまう。肛門ポリーブや滑液のう炎も同様に消失する。

この場合には蒸気湿布と腰湯の併用が良いと書かれている程で、世界中で薬草として用いられています。

スギナ茶には、ガンに対しての高い予防効果、葉緑素によるコレステロール値の低下や殺菌など様々な効能が期待できます。

他にもケイ素による血液中の酸素を補給する作用やコレステロールの吸着を抑制する効能などがあります。

スギナ茶は、排尿のトラブルを改善し利尿作用もあります。

利尿作用により、むくみの解消が期待できます。

また、カルシウムや、カリウムが豊富に含まれており、体内のナトリウムを排出し、結果として、水分代謝が活発になることが期待できます。

引用終わり。